希少な“双頭”ヘビ、4年半の生涯に幕 「天国では2匹仲良く…」ネットで話題に
番組をみる »

 2016年10月に発見され、愛されてきた双頭のシマヘビが、今月4日に4年半の生涯を閉じた。二つの頭を持つ神秘的なシマヘビの4年半の生涯の記録が今、ネットで反響を呼んでいる。

【映像】貴重な食事シーン

 このシマヘビの飼育を行っていたのは、神奈川県横浜市にある爬虫類ショップ「マスターオブ ドラゴン」。店主によると自然界でこのような双頭のヘビが見つかるのは希少だという。

 どちらの頭も内臓とつながっており、両方の頭に餌を与えることですくすくと成長し、その過程はSNS上でも注目を集める人気者だった。

 突然の別れを発表したこの投稿動画は120万回以上再生され、「4年半 大切に育てられて幸せだったと思います」「天国では2匹喧嘩せず仲良く暮らして欲しいなぁ」などの反響が寄せられている。(ABEMA週刊BUZZ動画』)

【映像】貴重な食事シーン
【映像】貴重な食事シーン
世界最速の巨大魚、“稚魚1.8センチ”の貴重映像が「ちっさいのにカジキ」と話題 【ABEMA TIMES】
世界最速の巨大魚、“稚魚1.8センチ”の貴重映像が「ちっさいのにカジキ」と話題 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
「ニャンだ、この野郎」“激おこ”の猫が招いた予想外の結末にほっこり 「平和な世界」と話題に 【ABEMA TIMES】
「ニャンだ、この野郎」“激おこ”の猫が招いた予想外の結末にほっこり 「平和な世界」と話題に 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES