櫻坂46が、2月28日に東京・国立代々木競技場 第一体育館にて開催された『第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER(以下:TGC)』でミニライブを行った。

 昨年欅坂46から櫻坂46に改名し、リスタートを切った彼女たち。「TGC」でライブを行うのはこれが初となる。「Overture」を経てステージに登場した櫻坂46は藤吉夏鈴をセンターに据え、「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」から勢いよくライブをスタートさせた。MCでキャプテンの菅井友香は「配信をご覧の皆さん楽しんでますか? 私たち櫻坂46は昨年、欅坂46から改名して、こうして初めて『TGC』のステージに出演させていただいて、本当にうれしいです! 今日は短い時間ですが楽しんでください」と視聴者に呼びかけた。

 2曲目に鳴らされたのは最年少メンバーの山崎天がセンターを務める「Buddies」。あたたかな印象のこの曲をメンバーたちが清々しい表情でパフォーマンスすると、最後に森田ひかるセンター曲の「Nobody’s fault」が披露された。全てのパフォーマンスが終わり、メンバーが次々と舞台からはけると、最後に関由美子が深々とお辞儀をしてミニライブは幕を閉じた。

 なお、櫻坂46は2ndシングル「BAN」を、4月14日にリリースする。今回のシングル表題曲のセンターは、昨年12月リリースの1stシングル「Nobody's fault」に引き続き森田が務め、カップリングも前作同様に藤吉と山崎がそれぞれセンターを務めることが明らかになった。

※山崎天の崎はたつさきが正式表記。

櫻坂46菅井 改名後グループに変化が
櫻坂46菅井 改名後グループに変化が