これは即採用という“奥義”はある?どんな学生がほしい? 企業の採用担当者に聞く(1)【freee、丸紅、ミクシィ】 #アベマ就活特番
番組をみる »

 3月1日から始まった、2022年卒の就職活動。新たな一歩に期待を膨らませる学生も多い一方、ネットには「コロナ禍の就活ってどうすればいいの?」「説明会もオンラインばかりでアピールできない…」「志望する企業はコロナでも大丈夫なの?」といった不安の声も聞こえてくる。

【映像】企業の採用担当者に生質問

 そこで、1日放送のABEMA『どうする? withコロナの就活&働き方』では、3社の採用担当者を招き、学生からの率直な質問をぶつけた。

【参加企業・参加者】

・freee株式会社 上赤祥貴さん(新卒採用チームマネージャー、2017年新卒入社)

・丸紅株式会社 矢野倫久さん(人事部採用人材開発課、2007年新卒入社)

・株式会社ミクシィ 佐々木忠輝さん(新卒採用責任者、2016年中途入社)

Q.これをしたら即採用という“奥義”はある?

これは即採用という“奥義”はある?どんな学生がほしい? 企業の採用担当者に聞く(1)【freee、丸紅、ミクシィ】 #アベマ就活特番

ミクシィ・佐々木さん:ない!(笑)。“どういう人を求めているか?”というのは、それぞれの会社がビジョンなど掲げていると思うが、それに沿った活動をされている方だったり、実現できる人を採用したいと思っているはず。なので、これがあったら全社採用というものは、基本的にはないと考えていただいた方がいいと思う。

丸紅・矢野さん:個人的にはあると思っていて、すごくシンプルで”あるがままの自分”を出す。これが一番強い。それができている人は信頼できるし魅力度も増す。ただ、絶対受かるか?というとちょっと難しいが。

Q.どんな学生がほしいの?

これは即採用という“奥義”はある?どんな学生がほしい? 企業の採用担当者に聞く(1)【freee、丸紅、ミクシィ】 #アベマ就活特番

丸紅・矢野さん:さっき言った“あるがまま”に似ていて、自分を知っている方。理由は2つで、1つ目は意図的な強み・弱みでなく、理想から動物的欲求まで色々な“カオスな自分”があると思う。それを全部落とし込んでいって『自分ってこんな奴なんだ』とわかった上で、『これをやりたい』とロジックを立てている人がいいなと思っている。自分の感情や考え方がわかる人は、相手の気持ちもわかるはず。これが”共感”だと思っていて、共感できる人は潜在ニーズを汲み取るのがうまい。2つ目は、これから新しいことで人は価値を出していかないといけない。新しいことをやるには極論「常識の真反対」というか、100人中99人がやめろと言うけど1人でやるくらいの気持ちだと思う。新しいことをやるのは辛いけど、最後の支えになるのは、自分はそれでもやりたいという原動力。これがわかっている人は、自分をわかっているという意味でいいなと。

freee・上赤さん:新卒、中途問わず『アンラーニング』(学びほぐし)できる人を求めている。あまり聞き慣れない言葉だと思うが、これまでの自分の経験のいいところは残しておく一方で、freeeで活躍して頂くにはfreeeなりの考え方もあるので、それは柔軟に取り入れていく素養を持っている人。素直で謙虚、かつ成長意欲が高いような人材を求めている。

これは即採用という“奥義”はある?どんな学生がほしい? 企業の採用担当者に聞く(1)【freee、丸紅、ミクシィ】 #アベマ就活特番

ミクシィ・佐々木さん:freeeさんとほとんど同じ。会社が成長し、どんどん変わっている中で、『Aが正しい』と言われていたモノが、『Bが正しい』と変わる瞬間が早くなってきている。それを自分の中に取り込み、自分を高められる人がいいと思う。

(ABEMA/『どうする?withコロナの就活&働き方』より)

【伊藤忠/東京メトロ/三井住友銀行】コロナ直撃で大ピンチな業界は?生き残りをかけた再興戦略を問う
【伊藤忠/東京メトロ/三井住友銀行】コロナ直撃で大ピンチな業界は?生き残りをかけた再興戦略を問う
【味の素/出光興産】レジェンド創業者のDNAどう残す?時代と共に変化できるワケ
【味の素/出光興産】レジェンド創業者のDNAどう残す?時代と共に変化できるワケ
【UTグループ/三井住友海上/三井不動産】2030年の都市や自動運転、働き方は?未来の日常をつくる仕事
【UTグループ/三井住友海上/三井不動産】2030年の都市や自動運転、働き方は?未来の日常をつくる仕事