霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶
番組をみる »

 『ラストアイドル ~ラスアイ、よろしく!~』(テレビ朝日系・金曜深夜1時20分~ ※一部地域を除く)の中で、“ラスアイの女芸人”高橋みのりが激辛カレーに悶絶する場面があった。

▶映像:霜降り粗品「すごい顔してる」“ラスアイの女芸人”高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶

 この春ボリウッドダンスに挑戦中のラスアイ。番組MCを務める霜降り明星のせいやをゲストに迎え、相手役のヒロインは西村歩乃果に決まった。10枚目の新曲(タイトル未定)は4月28日にリリースされる。

霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶
霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶

 プロジェクトが盛り上がりを見せる中、ラスアイはボリウッドダンスの本場・インドのカレー事情を学ぶべく食リポに挑戦した。高橋と水野舞菜は本格的な南インドカレーを体験するべく東京・中目黒にある「シリバラジ」を訪れた。

 南インドは年間を通して気温20度以上と暖かく、豊かな自然を楽しめるリゾート地として人気を集めている。そんな南インドを代表するカレーはサンバル(豆と野菜の煮込みカレー)。同店舗ではそのほかさまざまな種類のカレーをワンプレートで楽しむことが出来るという。

 河川が多く、稲作が盛んなため米が主食の南インド。カレーもナンではなく米で食べる。さらに北インドカレーのドロドロさに対し、南インドはサラサラカレーという特徴がある。暑い南インドで好まれるのは、さっぱりとした辛いカレーということだ。

霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶
霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶

 そんな南インドを代表するカレー・サンバルを水野が試食し、「美味しい! お米の食感も日本のものとはだいぶ違いますね」と目を輝かせた。水野は辛いもの好きで、毎日何かしら辛いものを食べているという。

 一方、辛いものが苦手な高橋は「揚げなすのカレー」を食べて、「ナスはあまいけど、周りのカレーが辛いです」とコメント。苦悶の表情を浮かべる高橋に、霜降り明星の粗品は「すごい顔してる」と述べた。流石“ラスアイの女芸人”のリアクションだ。

霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶
霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶
霜降り・粗品「すごい顔してる」ラスアイ高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶

 南インドは胡椒の原産地。そのため多くのカレーに使われていて、唐辛子とはまた違うジワジワとした辛さを楽しむことが出来る。1番刺激的な辛さのカレーを食し、水野は「全然辛くない」と余裕の表情。しかし高橋はあまりの辛さにコメントが出来なくなり、せいやは「リポートせい!」とツッコミを入れていた。

 スタジオで高橋は「あれは辛すぎました。こんなに辛い物食べたことないです! “チーム南インド”なので、褒めたかったんですけど、辛すぎて喋ることが出来なかったです」と振り返っていた。

(「ラスアイ、よろしく!」#68 より)

(C)ラストアイドル製作委員会

霜降り粗品「すごい顔してる」“ラスアイの女芸人”高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶
霜降り粗品「すごい顔してる」“ラスアイの女芸人”高橋みのり、激辛カレーを食し悶絶