東京都の新型コロナウイルス新規感染者数の減少が鈍化しているままだ。

 厚生労働省は12日、“フィリピン型”の変異ウイルスが国内で初めて確認されたと発表した。感染者は、先月26日にフィリピンから成田空港に到着した男性だ。

【映像】従来型の1.6倍 イギリス型“変異ウイルス”致死率データ

 これまで確認されているイギリス型、南アフリカ型、ブラジル型と同程度の感染力があるとみられているフィリピン型の変異ウイルス。東京都医師会の猪口正孝副会長は「今後、変異株等により急激に再拡大する可能性がある」と見解を示し、感染症対策分科会の尾身茂会長も「変異株が、いわゆる既存株に置き換わるプロセスも始まっている」と近いうちに変異型ウイルスが主流になる可能性を示唆している。

 はたして変異型ウイルスにワクチンは効くのだろうか。ニュース番組『ABEMA Prime』では、感染拡大を防ぐために今できることは何か、専門家と共に探った。

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?
番組をみる »

 京都大学ウイルス・再生医科学研究所特定助教で厚生省クラスター対策班の古瀬祐気氏は「フィリピン型はまだ情報が少ない」と話す。

「元々フィリピン型はブラジルで感染が見られていた。ブラジルである特定の変異が起こり、それにまた別の変異型が足されたものがブラジル型だ。フィリピン型は、ブラジル型になる前のウイルスがフィリピンに行って、フィリピンでブラジルと全く同じ変異が足された。これが今回日本で見つかったフィリピン型で、ブラジル型と同じような性質を持っているのではないかと想像している」

 今回感染が発覚した男性以外にも、フィリピン型の感染者が出る可能性はあるのだろうか。古瀬氏は「フィリピン型は、検疫でしか見つかってない。市中には入ってない可能性が高いと思う」と述べる。

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

「新型コロナウイルス自体が“オーバーディスパージョン”と言って、8割の感染者は誰にもうつさないが、残り2割の人が8割の人にうつしていく性質がある。この差が広いウイルスは絶滅確率も高い。誰にもうつさない人が多いので、1回入ってきたところで『ここまでは繋がってうつってしまったが、この人で終わった』が約92%の確率で起こると言われている」

「今回一人目の感染が見つかったらといって、もう感染が広がるしかないという状況にはならない。ちょっと時の運みたいなもので、確率論としては10回入ってきても、おそらく広がることはない」

 古瀬氏の話を聞いたひろゆき氏は「フィリピン株は広まらない可能性があっても、市中にあるイギリス株などが都道府県をまたいで広まっている。そうなると無理なのではないか」と指摘。これに古瀬氏は「割合を見ると、かなり広がっていると思う。これが絶滅確率に基づいてゼロになる可能性はかなり低いだろう。尾身会長が言われているようにこれから広がる可能性が高い」と答えた。

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

 日本でも医療従事者を中心に接種が始まっている新型コロナワクチン。変異型にはどれくらいの効果があるのだろうか。

 古瀬氏は「公衆衛生的にわかっていることと、実験的にわかっていることが少し違う」とした上で「ワクチンはいくつか種類があるが、今まさにジョンソン・エンド・ジョンソンとノババックスが治験をやっている。その結果を見ると、変異株ではないウイルスには9割程度の効果で、変異株では6割程度しかワクチンで予防できなかった。でも、6割程度は予防できるので、有効であることは間違いないとみている」とコメント。

 また、現時点で広く使われているファイザー社のワクチンでは「治験時にまだ変異株が存在していなかった」といい、効果は「わからない」とした。

 ひろゆき氏は「海外では効かないワクチンが出てきている」と指摘。「南アフリカでは、アストラゼネカ社のワクチンを打つことをやめた。南アフリカ変異株に関しては、効果がなかったのではないか」と質問した。ひろゆき氏の質問に古瀬氏は「全てが効かないわけではない」とした上で「確かに、アストラゼネカ社のワクチンは南アフリカ変異株においては、効かなかった」と明かした。

 今後は、それぞれの変異株に効くワクチンを何種類か打つ、もしくは混合ワクチンのようなものになっていく可能性も有り得る。

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

■中国製ワクチンの有用性は? ひろゆき氏「“やっぱり微妙”になりかねない」


 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は12日、希望する選手や関係者に対して「中国製ワクチンを提供する考えがある」と明らかにした。この中国製ワクチンについて、ひろゆき氏は「ある程度の信用できるデータは出てきているのか」と疑問を隠せない。

「中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスのワクチンをブラジルで試験したら、実際の効果が50%程度しかなかったニュースを見た。中国の影響下にない国は、実際の本当の数字を出してくる。50%程度だったら『やっぱり微妙だね』になりかねない」

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

 古瀬氏は「中国製ワクチンは1種類ではなく、何種類かある中のいくつかをEU加盟国で承認するために、今審査中だと聞いている。データはきちんとしたものを持っていて、政府関係者はそれを見ていると認識している」と話す。

「ワクチンが何%効いたか、実験のポピュレーション(母集団)が(国ごとに)違う。イギリスで試したときの効果と、ブラジルで試したときの効果、しかも違う会社のワクチンを数字で比べるのもフェアではない。理想をいえば、同じ国で同じ時期に違うワクチンを比べて、効果を見ていく必要がある」

 今夏に迫った東京オリンピック・パラリンピック。中国製ワクチンの安全性・有用性はそれまでに証明されるのだろうか。

「日本の選手が中国製ワクチンを打つのは、かなり難しいだろう。理由は、多くの国ではアメリカやイギリスの安全性の結果を見て『じゃあ使いましょう』としているが、日本では安全性において『日本人のデータを取ってから承認する』というステップを踏んでいる。中国製ワクチンは危険だと言っているわけでは決してないが、これから5月までに、日本で中国製ワクチンの安全性を評価するのは難しいだろう」

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?
「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

 イギリスでは「従来型より感染力が高く、致死率はおよそ1.6倍」と発表された変異型ウイルス。古瀬氏は「この1週間でイギリス変異株に関する論文が3つ出た。その論文では『ほぼ確実に死亡率が高くなっているだろう』としている。南アフリカやブラジルでこの変異株が流行ったとき、死亡者が多かった情報もあるが、詳しい解析は進んでいない。実際のところはわからない」と話す。

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

 変異型流行の兆しを受け、赤羽国土交通大臣は12日、変異ウイルス流入防止のために、入国者の上限を1日当たり2000人に抑える方針を明らかにした。航空会社に対して国際線の搭乗者数を制限するよう改めて要請し、水際対策を強化するとみられる。

 古瀬氏は「他の国に比べると(水際対策が)弱いのは事実」と現状をコメント。その上で「日本の法律の範囲内でできることとしては、これが限界だろう」と述べる。

「日本の水際対策はこれが限界」新型コロナ変異型で感染再拡大の恐れも…個人ができる対策は?

「対策によって変異株の流入をゼロには決してできないが、先ほどの絶滅確率を考えると流入数が10個、20個なら広がる可能性は低い。『100個、200個は来て欲しくない』というスタンスの水際対策だ」

 古瀬氏によると、個人ができる対策は「今までと大きく変わらない。『人と集まる機会はなるべく減らしましょう』『少人数にしましょう』『マスクをつけましょう』しかない」という。

「変異株が増えてくると、残念ながら第4波が来てしまう可能性は高い。おそらく、従来株の流行時よりも早く来るだろう。でも、対策をすれば感染爆発にならずにおさまる。『今から新しくこの対策をしてください』というお願いではなく『これから来る感染の波は大きいかもしれない。その心づもりをしてください』。これが私からみなさんへのメッセージだ」

ABEMA/『ABEMA Prime』より)

【映像】変異株がメインに? クラスター対策班メンバーが“第4波”に警鐘
【映像】変異株がメインに? クラスター対策班メンバーが“第4波”に警鐘