アニメ「リゼロ」49話、心を開いたベアトリスに「作中屈指の神回」「泣きすぎてヤバい」と感動の嵐!
番組をみる »

 アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下「リゼロ」)第49話は、主人公・スバル(CV:小林裕介)が禁書庫の司書・ベアトリス(CV:新井里美)を外に連れ出すために説得するエピソードだった。スバルにようやく心を許したベアトリスの姿が、ファンの胸を熱くさせたようだ。

 前回放送された第48話では、ラム(CV:村川梨衣)とロズワール(CV:子安武人)が激闘を繰り広げた。戦いの最中、ラムは「ラムは、ロズワール様を愛しています」と告白。「私を殺したいほど憎んでいたはずだ」と返すロズワールに対して、ラムは「愛してしまったものは仕方がない。ラムはラムの気持ちを優先します」と宣言した。感動的なラムの告白シーンに、視聴者からは「レムの告白がフラッシュバックした」「胸がゾクゾクしました」などの反響が寄せられた。

 3月17日より順次放送中の第49話「俺を選べ」では、スバルとベアトリスの関係に大きな変化があった。人工精霊であるベアトリスは、“強欲の魔女”エキドナ(CV:坂本真綾)の言いつけを守り、400年もの間、禁書庫から自分を連れ出してくれる“その人”を待ち続けていた。スバルは孤独に生きてきたベアトリスを外に連れ出そうと説得を試みるも、彼女は「お前はベティの“その人”じゃない」と拒否。しかし、ベアトリスが何度拒絶してもスバルは諦めることはなかった。そして、スバルに「俺を選べ、ベアトリス!」と手を差し伸べられたベアトリスは、ついに彼に心を許した。

▶見逃し配信中:スバルにようやく心を許したベアトリス…!「リゼロ」#49

 スバルとベアトリスが、魔獣・大兎と対峙するエミリア(CV:高橋李依)の元に駆けつけるシーンもあり、Twitter上には「マジで感動した…」「作中屈指の神回きた」「久しぶりに震えたわ!」「泣きすぎてヤバい」「最高だぜスバル」といった感動の声があふれ返っていた。

第49話「俺を選べ」

【あらすじ】

最後の試練を突破して、墓所の外に出たエミリアが目にしたものは、視界を奪うような猛吹雪だった。辺り一面が真っ白な雪に覆われた目の前の広場で、聖域とアーラム村の人々は肩を寄せ合っていた。彼らの周りに氷の壁を作り、凍てつくような寒さから守っていたのは、かつて契約を結んでいた大精霊。意を決してエミリアが氷の壁に触れてると、手のひらを通じて何かが流れ込んでくる。ふと聞こえた声に頷くようにエミリアは行動を開始する。

 (C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

【見逃し配信中】第49話「俺を選べ」
【見逃し配信中】第49話「俺を選べ」
【見逃し配信中】第48話「血と臓物まで愛して」
【見逃し配信中】第48話「血と臓物まで愛して」
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)2期あらすじ・感想一覧 各キャラの過去に感動続々
Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)2期あらすじ・感想一覧 各キャラの過去に感動続々
ABEMA TIMES