「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量
番組をみる »

 いよいよ最終回が近づいてきた人気アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)の2nd season。多くのキャラクターたちが抱えてきた悲しい過去が次々と明らかになり、謎となっていた部分も解明。それぞれが信じる正しさのすれ違い、対立にも決着が訪れ、いよいよクライマックスとなっている。そんな後半クールにおいて、主人公のナツキ・スバルとヒロインのエミリアにおいては、この2nd season一番の注目と言えるスバル“ダメ押し”の告白と2人のキスシーンが描かれた。苦しさと寂しさに悩み続けるエミリアの心の氷を溶かしたスバルの熱い思いを、声優・小林裕介はどんな思いで演じたのか。最終回を直前に控えた心境とともに聞いた。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 2nd seasonの前半クールでは、スバルがこの世界で繰り返してきた過去、また現実世界の両親についてなどが描かれた。一方、後半クールではオットー、ガーフィール、ロズワール、そしてエミリアの過去も描かれた。小林がこの過去を見て思ったのは「エミリアはすごく愛されて育ったんだなということ」だ。いままでエミリアは嫉妬の魔女・サテラにそっくりの風貌から蔑まれ、追いやられて生きてきた。辛い場面ばかりだっただけに「愛された過去があったんだなと、すごくうれしく思いましたし、それを失うことの大きさや、ましてや自分の決断で最終的にみんなを凍らせてしまった、あの小さい体には大きすぎる宿命を背負わされたなと思いました」と、少女エミリア(44話=エリオール大森林の永久凍土)によって起こされた事態に思いをめぐらせた。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 単に同情しただけではない。叔母であり母親代わりであったフォルトナとの約束を最後まで守れた自分を誇り、悲しい過去を見てもなお前を向こうと決断する姿には感動もした。「スバルは何度も失敗を繰り返して、ようやく答えにたどり着いています。それに対してエミリアは、言ってしまえば1つの時間軸で決断ができている。スバル以上に強い心を持っているんだと感じました」と振り返った。

 エミリアは脆く崩れ、取り乱すといった危うさも兼ね備えている。2nd season前半クールにあたる36話「死の味」では、完全に心が壊れ、ボロボロのスバルを見ても笑いかけ、愛情表現するという通称「病みリア」になるシーンもあった。ただ、小林はこの危うさに惹かれている。「僕はエミリアの危うさが一番いいなと思っているんです。見た目に反して抜けているし、足りないところもあるし、感情的だし、人をすぐ信じちゃうところもあるし。だから守ってあげなきゃって。きっとスバルもそう思っているんだと思います」と、騎士として守ることを志すスバルと、心がシンクロしているようだ。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 後半クールでエミリアが取り乱すと言えば、39話「STRAIGHT BET」だ。ずっと彼女の支えだったパックが消えてしまい、また寝室で朝まで一緒にいてくれると言っていたスバルが姿を消していたシーン。2つの約束が同時に果たされなかったことで、一気に精神的に追い込まれることになった。ここでも小林は理解を示す。「その先の過去編を見て、ようやくわかることでもありますが、彼女にとって『約束の重さ』がどれくらいだったのかということだと思うんです」と切り出すと、原作者・長月達平氏によるツイートを引用した。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 「虚飾の魔女・パンドラに記憶を消されて、エミリアは過去のことをよく覚えていない、ただ約束というものにだけ何か強い意味があるというのをふわっと覚えているとおっしゃっていたんです。何もない中で、約束だけが自分たるものの一つの要素だと思っていて、だからこそ約束を破る者に対して、すごく追い込まれてしまったのかなと思うと納得できます」。信じられるものが「約束」しかない。それが叶わなかった時には、周囲が全て不安へと変わる。「それでいてパックは周囲から蔑まれて生きる中で唯一、自分を支え続けてくれる存在だった。彼が消えた事で自分の拠り所が全部なくなってしまったショックは、僕らが想像するより何倍も大きかったと思います」と、心境を推し量った。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 それだけ精神的なダメージを受けているエミリアに対して、スバルに何ができるのか。スバルが持っている全ての熱量を持って気持ちをぶつけることだけだった。それが40話「信じる理由」での、熱烈な告白へとつながってくる。「僕にとっては1st seasonの18話『ゼロから』と同じような話数だと思っていました」。この18話は、自信を喪失したスバルに対してレムが最大限に愛の言葉を繰り返すという、「神回」とも言われているエピソード。「スバルはレムから心の支えをもらって立ち直ったという、ある種のバトンを受け取っていました。今度はスバルからエミリアに」と、バトンを渡すことにした。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 「あの時のレムがスバル、あの時のスバルがエミリア。だからこそ真っ直ぐに言葉を伝えるだけでいいという気持ちで臨んでいたので、語弊はありますけど、真面目に掛け合わなくてもいいと思っていたんです」。言葉を交わすのではなく、たとえ一方的でも気持ちを強く伝え続ける。「向こうに寄り添っちゃうと、なぐさめになっちゃう気がして。自分のわがままを通して、『それでも好きなんだ!』と押し切ることで伝わると思っていました。その熱量が言葉だけでは伝わらなかった結果、キスをすることでわかってもらうことができました。不安とかはなくて、ただただまっすぐ伝えればいいという気持ちでした」と、いかにもスイッチが入った時のスバルらしい告白となった。途中、お互いケンカ腰の口調になるあたりは、分からず屋のエミリアらしい部分でもあり、それもまた「スバルもわかっていた」のだという。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 スバルの告白は、今回が初めてというわけでもない。1st seasonの最後にもしっかりと思いは伝えており、小林からすれば「スバルにしたら今さらというか、これだけ関係が近づいたと思っても、まだ伝わっていなかったんだなということで、ダメ押しのようなもの」だと思っていた。ただ、エミリア役の高橋李依に聞くと、どうやらエミリアは「まだわかっていない。ようやくわかっていこうかなというか、扉に手がかかったぐらい」らしい。ただもしそうだったとしてもスバルの心が折れることはなく、熱く思い続けることだろう。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 この告白の後、エミリアは1人で墓所に向かい、試練に立ち向かうことになるが、ここで彼女を励ましたのが、スバルがイ文字で書いた壁面の大量の落書き(41話=クウェインの石は一人じゃ上がらない)。パックの似顔絵もあり、これを見てエミリアは「スバルのバカ」と言いながら微笑み、さらに勇気づけられる。「前向きな言葉ばかりです。台本上に書かれていたのは『おれもパックも応援している』『頑張れ』『大好きだよ』『帰ってきたらデートしようぜ』とかでした」と明かした小林だが、その他に書かれているものを想像してみたところ「『俺は君の騎士だ!』とかですかね」と、笑いもこみ上げた。

「Re:ゼロから始める異世界生活」スバルからエミリアへの渾身の告白は「レムから受け取ったバトン」小林裕介の込めた思いと熱量

 多くの謎を残したまま終わった前半クール。3カ月のインターバルを置いて始まった後半クール。長い9カ月間も、まもなくエンディングを迎えることになる。「本当に苦しい思いをしながら見ていただいた前半クールでしたが、後半クールはどんどん爽快に進んでいくエピソードがあったと思います」と振り返ると、最終回については「終わり方も、僕としては本当に感慨深いシーンがあります。それでいて、大もとの目的はこれだった、それでいてスタート地点に立てる、リゼロはスタート地点に立つための物語ばかりだなとも思います」と、少しヒントも出した。「1st seasonの終わりでは、エミリアとの関係がようやく通常になれました。今度は別の意味でスタート地点に立ちます。進んでいるようで進んでいない、だけど心に感動を与えてくれるエピソードが最後にギュッと詰め込まれているので、楽しんでいただければと思います」。小林の思いが詰まった感動のラストまで、あと少しだ。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd #25
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd #25