なえなのが恋のライバルに…Takiがこぼした涙と本音「辛い」『恋オオカミ』第7話
番組をみる »

 3月28日(日)よる10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』#7が放送。なえなのから「そらくんが気になってる」と打ち明けられた後、アトリエには1人で涙を流すTakiの姿が。ちょこが声をかけると、Takiは苦しい胸中を明かした。

▶映像:なえなのが恋のライバルに…Takiがこぼした涙と本音「辛い」

『恋とオオカミには騙されない』とは

なえなのが恋のライバルに…Takiがこぼした涙と本音「辛い」『恋オオカミ』第7話

 『恋とオオカミには騙されない』は、デートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する10人の男女を追いかける恋愛リアリティーショー。ただし、10人の男女のどちらか一方に、好きなフリをする嘘つき“オオカミ”が1人以上潜んでいる。シリーズ最新作となる本作では初のルール変更がなされ、“オオカミ”の性別は明かされていない。シリーズ恒例の「オオカミ投票」は、男女問わず10名全員を対象に実施。視聴者による投票で、最も“オオカミ”だと疑われた1名が脱落する。

 女性メンバーは、なえなの(20歳)、長谷川美月(みちゅ/18歳)、Taki(20歳)、吉田伶香(りょうか/18歳)、川口葵(あおい/22歳)。男性メンバーは、綱啓永(つな/22歳)、りゅうと(ちょこ/20歳)、樋口晃平(コウヘイ/20歳)、杢代和人(もくだい/16歳)、井上想良(そら/22歳)。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

気丈に振る舞っていたTakiが涙…苦しい胸中を吐露

 中間告白で結ばれ、仲睦まじい様子を見せていたそらとTakiの恋に、思わぬ波乱が待っていた。なえなのが中間告白で「他にも気になっている人がいる」とコウヘイに告げていた相手。それは、Takiと惹かれ合っているそらだったのだ。なえなのからそらへの想いを打ち明けられた時、Takiは「一緒に頑張ろう」と優しい言葉をかけ、気丈に振る舞っていた。しかし、内心は不安で押しつぶされそうだったのかもしれない。その後、Takiは誰にも泣き顔を見られまいと、アトリエの隅で涙を流していたのだった。

 泣いていることに気づいたちょこが「どうした?」と声をかけると、Takiは「みんなに泣き顔見せたくないんだけど、辛い…」と涙で声を震わせながら吐露。ちょこが「大丈夫」と励ますと、Takiは自分に言い聞かせるように「大丈夫」と繰り返した。しかし、不安な気持ちはそう簡単にはなくならない。「どうしよう、どうしよう…」と動揺するTakiに、ちょこはもう1度「大丈夫だから」と言葉に力を込めた。ちょこが寄り添ってくれたおかげで、Takiも冷静さを取り戻した様子。「頑張ろう」と気合いを入れ、気持ちを切り替えていた。

なえなのの「月LINE」にTaki「大丈夫じゃないけど…」

なえなのが恋のライバルに…Takiがこぼした涙と本音「辛い」『恋オオカミ』第7話

 そしてその日の夜、なえなのはそらに「月LINE」を送信した。「月LINE」の場合、メッセージを受け取った本人以外のメンバーは、誰が誘われたのかわからない。しかし、Takiはなえなのが誰を誘ったのかすぐ察しがついたのだろう。「なえです。月LINE使います」と「月LINE」の使用を宣言するメッセージが届くと、Takiは不安げな表情でうつむいた。アトリエから一緒に帰っていたちょこが「大丈夫?」と心配すると、Takiは「大丈夫じゃないけど、なえなのちゃんの気持ちはわかるし…」と複雑な心境を吐露。なえなのという新たなライバルの出現を受け、動揺するTaki。果たしてそらとの恋の行方はいかに…?

 次回、ついに「オオカミ投票」の結果発表が行われる。視聴者から最も疑われ、脱落するのはいったい誰なのか?さらに、脱落者の復活に関する情報が発表され、メンバーたちからは「今までで1番きついかもしれない」との声も。次回予告では、1人1人に謎の青い手紙が渡されるシーンもあり、何が記されているのか気になるところだ。『恋とオオカミには騙されない』#8は、4月4日(日)よる10時~放送。

なえなのが恋のライバルに…Takiがこぼした涙と本音「辛い」
なえなのが恋のライバルに…Takiがこぼした涙と本音「辛い」
結ばれなかったカップルの禁断の再会、時はもう戻らないのなら…『オオカミくんはもう騙さない』
結ばれなかったカップルの禁断の再会、時はもう戻らないのなら…『オオカミくんはもう騙さない』