ABEMA4月新ドラマ『ブラックシンデレラ』が4月22日(木)22時~より配信。「Popteen」専属モデルの莉子が主演を務め、自分に自信が持てない平凡女子が外見主義に立ち向かいながら夢や恋に奮闘する“逆襲ラブストーリー”となっている。本作でミステリアスな一匹狼男子を演じるのが板垣瑞生。本作で板垣が感じた事とは。共演の莉子、神尾楓珠、「ViVi」専属モデルの愛花(えりか)の印象など話を聞いた。

板垣瑞生インタビュー 『ブラックシンデレラ』で育んだ神尾楓珠との友情「また現場で一緒になって、帰りにラーメン食べに行きたい」
番組をみる »

あらすじ

 主人公は、「私なんか…」が口癖で自分に自信が持てない女子高生・神谷愛波(かみや・まなは/17歳)。

 愛波には幼いころからの夢があった。それは、学園一の美男美女を決める、ミス清蘭コンテストに出場すること。ド平凡女子を自称する愛波だったが、とあるきっかけでそのコンテストに出場するチャンスを掴む。

 そこで出会ったのは、ナルシストで完璧な国宝級イケメン・橘圭吾(たちばな・けいご/17歳)と、謎の転校生・島村空(しまむら・そら/17歳)。巻き起こる恋の予感の中で迎えたコンテスト当日、夢の舞台まであと一歩のところで愛波を襲った出来事とは…?

 “本当の美しさ”とはいったい何なのか…?その答えを見つけるために、ルッキズムに立ち向かいながら、夢や恋に奮闘する“逆襲”ラブストーリー!

――今回の出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

板垣:ドラマ『1ページの恋』(ABEMA)のときにご一緒したプロデューサーさんにお声がけいただいて、オーディションを受けました。圭吾と空、両方を演じさせていただいて空に。その方はすごくアツくて真っ直ぐで、そんな方にオーディションに呼んでいただけて嬉しかったですし、バチっと気合いが入りました。オーディション現場で莉子ちゃんと一緒だったのですが、2人でこうやってご一緒出来て嬉しかったです。

――演じられた空というキャラクターについて役作りを教えてください。

板垣:「空」って名前がすごく良いな、素敵だなと思いました。屋上が自分を解放出来る場所になっている設定なので、空を見てお芝居したいなと思いました。空って晴れやかな一面もあるけど、急に雨になったり風が吹いたり読めないじゃないですか? そういう人を表現したいなと思いました。すごく楽しかったけれど、すごく難しくて、充実感のある現場でした。

――撮影現場もすごく楽しい雰囲気だったそうですね。

板垣:珠がいきなり「ゲームしよう」って言い出すんですよ。「昔こんなゲームあったよね」とか「小学生の時こんなおもちゃ売ってたよね」とか、そんなくだらない話をしていました(笑)。

空という役柄がみんなとあまり触れ合わない事もあって、僕は楽屋にいない事も多かったのですが、皆でいる時はそんな話で盛り上がったり、みんなマイペースなので自由に過ごしていて心地良かったです。

――共演された莉子さんの印象はいかがでしたか?

板垣:目が“きゅるきゅる”していて、お芝居していてあの目にやられちゃうなって思いました。女性らしさも男らしさも両方持っている方なので、話しやすいですし、年齢的にも若いので、これからもっと楽しい事、ワクワクする事があるんだなって、そのきゅるきゅるから感じました。モデルとかSNSとか色々な場所で活躍されていますけど、素敵な女優さんになっていくんだろうなって思いました。

――神尾さんはいかがでしょうか。

板垣:本当に面白い人なんですよ。すごく正直者ですし、嘘つけない方なんだなと思います。ミステリアスで秘密主義な人に見えるので、それがすごく意外でした。魅力的なギャップだなと思います。共演は初だったのですが、素直にお芝居をしているので、突然こちらが言った事に対して、ポンって返してくれるんですよ。クールな神尾楓珠の芝居ももちろん良いですけど、僕は正直者の神尾楓珠の芝居がすごく好きです。これから色々な現場で一緒になると思うので、現場で一緒になって、帰りにラーメン食べに行きたい。そんな風に思える役者さんです。

――愛花さんはいかがですか?

板垣:愛花さんは、自分を天然だと思っていない天然なので、僕たち周りを天然だと思っている気がします(笑)。とてもピュアで素敵な方なので、またお芝居でご一緒したいなと、ご一緒してすぐ思いましたね。すごく綺麗な方で大人っぽいのに、内面は少女の様な可愛らしさで、たくさんの人に愛される方だなと。

――本作は学園が舞台となっていますが、板垣さんご自身はどんな高校生でしたか?

板垣:高校生1年生の最初の時、1人も友達が出来なかったんです(笑)。その後友達が出来てからは、ずっと同じメンツでいました。ご飯食べて、遊んで、好きな映画や漫画の話ばっかりして。

――本作は傷であったり、コンプレックスがキーワードとなっていますが、板垣さんはコンプレックスを克服した経験はありますか?

板垣:内面にコンプレックスはあります。だから空という役に惹かれたのだと思います。相手に対する考え方にもコンプレックスがあるので。僕は人見知りだし、最初はすごく困りました。美しさの定義って人それぞれだから、外見には興味が無くて、そこも空に近いのかなって。僕みたいに内面にコンプレックスを抱えている方って多いと思うんです。SNSに依存してしまったり、コミュニケーションが手軽に出来る様になった反面、難しさも増えている気がして。僕が美しさを感じるのって「思いやり」なんですよね。思いやりを持って人と接することが大切だなと。

コンプレックスと美って似ていると思うんです。治ったら失ってしまうものもあるし、両方すごく弱いものだと思うし。コンプレックスにどう向き合うことかが大事なんだと考えたりします。

――本作は色々な世代の方が観ると思いますが、特に若い方が多いと思います。このドラマで外見について、美について色々と考えさせられそうですよね。

板垣:そうですね、色々な事を感じていただけたらすごく嬉しいです。

――最後に、ちょっと作品の話からは離れてしまうのですが、高校時代によく映画や漫画の話をしていたという事で、最近ご覧になって面白かった作品はありますか?

板垣:漫画は毎週「週刊少年ジャンプ」を買っていますし、他の漫画雑誌もたくさん読んでいます。王道バトルも好きですし、色々なジャンルが好きで、最近「羣青」(中村珍著)がとても面白かったです。映画は役所広司さんの『すばらしき世界』も最高でしたし、『春江水暖』という中国の作品が素敵でした。今、こういう美しい映画を観ると心が洗われるなと思います。

――板垣さんのファンの方もチェックしてくださると思います! 今日はありがとうございました。

テキスト:中村梢

ブラックシンデレラ | ドラマ | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
ブラックシンデレラ | ドラマ | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
莉子主演ドラマ『ブラックシンデレラ』神尾楓珠、板垣瑞生、愛花らキャスト一覧・あらすじ(コメントあり) 【ABEMA TIMES】
莉子主演ドラマ『ブラックシンデレラ』神尾楓珠、板垣瑞生、愛花らキャスト一覧・あらすじ(コメントあり) 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
莉子、神尾楓珠のギャップがツボに 「密着番組」を希望 『ブラックシンデレラ』インタビュー 【ABEMA TIMES】
莉子、神尾楓珠のギャップがツボに 「密着番組」を希望 『ブラックシンデレラ』インタビュー 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES