いじめで悩んでいる人たちへ"いじめ探偵"がメッセージ「僕のところに電話をして」「僕は倒せます」
番組をみる »

 3日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、いじめ問題の専門家がいじめ問題で悩んでいる人々へメッセージを送った。

 この日は相談を受けた「いじめ調査」が6000件以上にのぼる、通称"いじめ探偵"NPO法人ユース・ガーディアン代表理事・阿部泰尚氏をゲストに招き、いじめ問題の現状について話を聞いた。

▶見逃し配信中:カンニング竹山の土曜The NIGHT #136(4月4日配信分)

 いじめに遭ったら具体的にどうしたらいいかなど、すぐに役立てられる情報についても特集した今回の放送。竹山が番組の終盤に「この番組を観てくれている、いじめで悩んでいる方がもしかしたらいるかもしれないので」と、阿部氏にメッセージをリクエストした。

 阿部氏は「毎回言うんですけど、たぶん今は絶望しているかもしれない。『どうにもならない』『どこも助けてくれないじゃないか』『どうにもならないじゃないか』って思っているかもしれないけど、僕は倒せます!」と、問題解決への熱い想いを吐露。

 「僕以外でも一緒にやってくれる人たちはいます。弁護士さんたちでもちゃんと話を聞いて法律的にやってくれる人たちもいます」と続けると「電話をする先とかがわからなかったら僕のところに電話をしてきてくれて構わないし、メールをしてきてくれて構わないです」と、身近に相談相手がいない場合には連絡をしてほしいと訴えた。

 NPO法人ユース・ガーディアンは、目に見えにくい心的ないじめや、傷害など犯罪性の高いいじめなど、多様ないじめの解決を支援する専門集団となっており、ホームページ(http://ijime-sos.com/)では、相談の電話やメールを受け付けている。

 また、阿部氏は法律の専門家たちに向けて「対応するところを作ってもらいたい。これはお願いなんですが、法律の専門家が協力をしてくれるとすごく"強い"ので、そういう機関を作ってください」と願っていた。

いじめで悩んでいる人たちへ"いじめ探偵"がメッセージ(1時間47分頃~)
いじめで悩んでいる人たちへ"いじめ探偵"がメッセージ(1時間47分頃~)
EXITりんたろー。「今いる場所がすべてじゃない」
EXITりんたろー。「今いる場所がすべてじゃない」