専門家がいじめ問題解決策をアドバイス 状況を整理したメモも重要と説明
番組をみる »

 3日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、いじめ問題の解決策についてアドバイスを送る場面があった。

 この日は相談を受けた「いじめ調査」が6000件以上にのぼる、通称"いじめ探偵"NPO法人ユース・ガーディアン代表理事・阿部泰尚氏をゲストに招き、いじめ問題の現状について話を聞いた。

▶見逃し配信中:カンニング竹山の土曜The NIGHT #136(4月4日配信分)

 竹山が「いじめにあって誰も助けてくれないとき、どうすればいい?」と質問を投げかけると、阿部氏は「『私、いじめられています』といきなり言っても、どういういじめを受けているのかがわからない」ため、具体的なアクションを起こしづらい問題点があることを明かした。

 阿部氏のもとに寄せられる多くの相談について、いじめの具体的な内容について整理がされていないケースも多いため「まず初めの段階で『いつ、どこで、誰に、何をされたのか』というのをメモして欲しい」と、時系列に沿って情報を取りまとめてほしいと説明。

 このようなメモは「学校の教員にも整理したもの(メモ)を届けてあげるだけで、(教員が)『あ、この時間にこんなことをやられていたんだ』と理解をするケースもある」と効果を解説した。

 「(いじめは)珍しいことじゃない」と続ける阿部氏は「つらいのはわかるんだけど、声を上げるまではいかないにしても、誰でもいいので誰かに相談をしてほしい」「僕に相談をするのも全然OK」と訴えかけた。

専門家がいじめ問題解決策をアドバイス 状況を整理したメモも重要と説明

 竹山は「しゃべるだけでも楽になる」と応じると「勇気を出して誰かにしゃべる、ということが大切かもしれないですよね」と1人で抱え込まないでほしいと話をまとめていた。

専門家がいじめ問題解決策をアドバイス(1時間31分頃~)
専門家がいじめ問題解決策をアドバイス(1時間31分頃~)
加害と被害を経験した26歳当事者と考えるいじめ問題
加害と被害を経験した26歳当事者と考えるいじめ問題