2004年にデビューし、母国・韓国のみならず日本でも圧倒的な人気を誇るアーティスト、ジェジュン。この度、3月に自身の冠番組「ジェジュンJ!」(BSスカパー!)がスタートするなど益々活躍の場を広げている彼の真髄と夢のルーツを探す旅を切り取ったドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』(原題:「ON THE ROAD an artist’s journey」)が2021年夏に公開される。

 大ヒットを記録した『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライツカ』の奇才、イ・ジェハンが監督を務め、「梨泰院クラス」を手掛けたパク・ソンイルが音楽を担当する注目作で、日本では全世界に先駆け、世界で最も早い公開となる今夏ロードショーが決定した。

 この映画で描かれるのは、ジェジュンがステージで見せるアーティストの顔ではなく、まっさらな一人の青年として自己と向き合い、自分のこれまで生きてきた人生を辿りながら、自分自身を探っていくというもの。コンサートのバックヤード映像や稽古風景、創作活動の様子なども織り込みながらも、映像のほとんどはイ・ジェハン監督を相手に、ある時は自分で車を運転しながら、またある時は自分の部屋で、複雑な生い立ちや、裕福とは程遠い少年時代のこと、「X JAPAN」に衝撃を受けた話、兵役を経て価値観が大きく変わったこと、初恋の思い出や恋愛観、初めてロックに挑戦した曲「MINE」について、そして人々に衝撃を与えた「過去活動したグループ」にまつわる話などを語っていく。特にメンバーへの未だ消えることのない思いを言葉に詰まりながら語る姿は、誰もが胸を打たれる特筆すべきシーンとなった。

 更に劇中では、小学生時代に暮らした思い出の地をめぐり、幼馴染みに再会し笑顔で語り合い、友人たちに手料理をふるまう素顔のジェジュンを映し出すと共に、同級生や恩師、軍隊時代の仲間、写真家、ギタリストのキム・テウォン、そして後輩アーティストらの証言から、彼の真の姿を浮かび上がらせていく。

 密着したカメラが映し出したもの ー それは、アーティストを超えて初めて見せる、ジェジュンという一人の人間としての等身大の飾らない心。私たちと同様に人生に悩み、あがき、ささやかなことに喜びを見出す彼は、人々に夢を与え続けるために、これから何を目指しどこへ向かっていくのか?ファンならずとも感動を覚えるドキュメンタリー映画となった。

【ジェジュン コメント】

この度、僕のドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』が公開されることになりました。僕の生きてきた道を振り返りながら、今まであまり話したことのない想いや、僕の考える未来についての想いなど、たくさん語りました。僕の大好きな映画『私の頭の中の消しゴム』の監督でもある、イ・ジェハン監督に撮影して頂き、とても素敵な作品になったと思いますので、沢山の方に劇場で見て頂けたら嬉しいです。

【プロフィール】

出演:ジェジュン J-JUN

1986年1月26日生まれ、韓国出身。シンガー・ソングライター、俳優。2004年に韓国で芸能界デビュー。その後、日本を含むアジアや欧米で活躍。また、俳優として映画『コードネーム:ジャッカル』(12/ぺ・ヒョンジュン監督)に主演したほか数々のTVドラマに出演。日本でもTVドラマ「素直になれなくて」(10/CX)などに出演し、演技力の高さで話題となった。兵役を経て、18年より日本での活動を本格化。19年に日本初オリジナル・アルバム『Flawless Love』を発表。同年のカヴァー作『J-JUN/Love Covers』で日本レコード大賞企画賞、第34回日本ゴールドディスク大賞ベスト3アルバム(アジア)受賞。今年3月29日からBSスカパー!で新番組「ジェジュンJ!」がスタート。更に3月31日にはニューシングル「BREAKING DAWN(Japanese Ver.)Produced by HYDE」をリリースするなどマルチに活躍中。

タイトル:『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 (原題:「ON THE ROAD an artist’s journey」)

監督:イ・ジェハン(『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』)

音楽:パク・ソンイル(『梨泰院クラス』)

出演:ジェジュン 他

上映時間:113分(予定)

©STORY WORKS

2021年夏 ユナイテッド・シネマ豊洲、新宿ピカデリー他にて公開

ジェジュンのライブに日村がサプライズ出演!
ジェジュンのライブに日村がサプライズ出演!
ジェジュン主演のラブコメ『ボスを守れ』
ジェジュン主演のラブコメ『ボスを守れ』
東方神起が司会『KINGDOM : LEGENDARY WAR』
東方神起が司会『KINGDOM : LEGENDARY WAR』