ABEMAの人気恋愛リアリティーショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』)シリーズの最新作『恋ステ 2021冬 Tokyo』が、4月6日配信の第8話をもって最終回を迎えた。本作で3回目の出演となったひまり(こあさひまり/福岡県出身)は、ユウム(山口ユウム/長崎県出身)とカップル成立。高校最後の『恋ステ』で初めて恋を掴んだ。しかし、ひまりはユウムの真っすぐなアプローチに心を揺さぶられながらも、なかなか告白する決意を固められずにいた。最終的には晴れてカップルとなった2人だが、実は別のエンディングも撮影されていたのだという。少しずつお互いを知り、恋を育み、真剣に悩み抜いた末に結ばれたユウムとひまり。そんな2人に、告白の裏話から交際の決め手、成立後の近況まで話を聞いた。

▶︎動画:ユウム&ひまりがカップル成立!『恋ステ 2021冬 Tokyo』

もう会えないなんて無理…ひまりの中に芽生えたユウムへの想い

――カップル成立おめでとうございます!まずは告白した時、された時の心境を教えてください。

ひまり:文章考えて行ったのに忘れちゃったから、ほぼアドリブで思ったこと言いました!だからめっちゃ長くなっちゃったかもしれないです。

――ユウムさんは聞いていて「長いな」という印象は受けましたか?

ユウム:来てくれて嬉しかったですし、長いなとは感じなかったですね。本当は目を見て受け答えしたかったんですけど、風が強すぎて下向いてました(笑)。寒いし緊張してるし、色々な意味で震えていましたね。

――ひまりさんはユウムさんに告白することはいつ決めたのでしょうか?

ひまり:なんなら前日まで告白しない気持ちだったんですよ。でも最終日にアルバム作ってサプライズしてくれて、告白する方に少し気持ちが傾いて。「どうしよう」って直前までずっと悩んでいました。実は1回、カメラの前で「告白しません」って言っちゃったんですよ。だけど、これで告白行かなかったらもう会えない。「THE END」なんですよ。そう思ったら「やっぱり無理!嫌だ!」っていう気持ちが湧いてきて。「やっぱり告白させてください」ってお願いしたんです。

――ユウムさんはそのことは知っていたんですか?

ユウム:告白終わった後に言われて「おぉ」ってなりましたけど、ショックではなかったです。来てくれたことが何よりも嬉しかったので。

――告白を待っている間はどんな気持ちだったのでしょうか?

ユウム:来てくれるって100%信じてたんですけど、待ち時間が長すぎて。5分待って来なかったら終わりだと言われていたので、頭の中で数えていたんですけど、5分ぐらい経っても来なかったんですよ。だんだん自信無くしていたら来てくれたので、嬉しかったですね。

――無事に成立して本当に良かったです!カップルになった今、お互いのどんなところが好きだなと思いますか?

ユウム:見ての通り、明るいじゃないですか。意味わからないことも言うイメージだったんですけど(笑)、話してみたら色々なことちゃんと考えていて、真面目な部分があって、そのギャップが良いなと思います。

――ひまりさんはいかがですか?

ひまり:古着屋でお洋服を選び合った時に、「ひまりがいつも笑ってるイメージだったから」っていう理由でニコちゃんのネックレスを選んでくれたんですよ。なんか、そういう考え方が良いんですよね。自分にはない考えを持っていて、いつも思いがけないことをして驚かせてくれるんですよ。

ユウム、自分の出演シーンは「手で隠しています」

――あの時の古着屋デートは本当に楽しそうでしたよね。お2人で放送を見ることもあるのでしょうか?

ユウム&ひまり:放送はリアタイで電話しながら見ています!

――ご自身の出演シーンを見る時はどんな心境ですか?

ユウム:俺は自分のシーンは手で隠してコメントだけ見てます。恥ずかしいから(笑)。

ひまり:うそ!見なよ。もったいないじゃん。

――ひまりさんは自分のシーンを見ることにもう慣れましたか?

ひまり:私は自分が映ってるところ全然見ますよ。むしろ勉強してます。「こっちの顔ブス、絶対カメラに向けない!」とか「下向きすぎ」とか「リアクション顔隠しすぎでしょ!」とか。そういうところを見ています。

ひまりが明かす「ありがたき」の意外な誕生秘話

――今回特にひまりさんの明るいキャラクターが良く出ていて、どんどん面白くなっているなと感じました。自撮り動画でやっていた「ありがたき」とか、ゆいPさんたちも手の動きを真似して、すごく盛り上がっていましたよね。

ひまり:面白くなったと感じてもらえたのは、緊張が解けて、カメラの前でも素が出せるようになったからだと思います。「ありがたき」も自分の持ちネタとかじゃなくて、無意識でやったものだったから、放送見てびっくりしました。

ユウム:(「ありがたき」の手のポーズをしながら)妹がこれ真似するんですよ(笑)

ひまり:こんなことやってたなんて自分で知らなかったし、それをゆいPさんがあんなに拾ってくださっているとは思わなかったです。

――ひまりさんの自撮り動画といえば、入れ歯チョコも好きでした!確かユウムさんがヒナさんを誘ったことにショック受けて、テンション上げるために作ったんですよね(笑)

ユウム:あの時はめっちゃ萎えてたね。

ひまり:ヒナちゃん誘った後、私みさの肩で寝てましたもん。

ユウム:それ電話しながらリアタイで見てたよね。「ごめーん」って(笑)

『恋ステ』ユウム&ひまり「実は1回…」「色んな意味で震えてました」告白の裏話を明かす

(ひまりの入れ歯チョコ)

――それも今となってはいい思い出ですね。ちなみに現在、連絡はどれくらいの頻度でとっているのですか?

ひまり
:2人とも元々そんな頻繁に連絡するタイプじゃないんですよ。

ユウム:ちょうどいい距離感というか。

ひまり:義務感はないよね。

ユウム:電話もお互い忙しいからできる時だけするって感じですね。そこの価値観が一緒なので助かっています。

――そういえばお2人は、お互いの呼び方は呼び捨てですか?

ユウム&ひまり:
呼び捨てです。

――いつから呼び捨てになったのでしょうか?

ユウム:
本当は「ひまりちゃん」って呼ぼうとしたのに、間違って「ひまり2ショット行こう」って言っちゃった時があったんですよ。それ以来、呼び捨てですね。

ひまり:みんな「ひまり」って呼ぶから、私は気にしてなかったんですけど、ユウムは「ごめん」って言ってきて。これで「ユウムくん」だったらおかしいよねって話をして、呼び捨てになりましたね。

「頑張ったらいいことある」『恋ステ』出演で学んだこと

――『恋ステ』に出演して感じたことや学んだこと、自分の中での変化などがあれば教えてください。

ひまり:『恋ステ』はアットホームな雰囲気でスタッフさんも優しいから、「かわいく映ろう」とか「モテよう」とか意識しないで、素のままでいいんだって思えましたね。あとは、頑張ったらいいことあるなってことを学びました。諦めたりしないで常に前向きで素直でいれば、見てくれている人はいるんだなと思いました。それぐらいでーす(笑) 

ユウム:何だろう…周りの目を気にするようになったとか?長崎狭いんですよ。すぐ噂広まるし、高校生行く場所限られているから知り合いに会うんですよ。だから変な恰好で出かけないようにしてますね。あとは、渡れそうな赤信号でも渡らないとか(笑)

――それでは最後に、今後したいデートを教えてください。

ユウム&ひまり:ディズニーに行きたいです!

ひまり:早く行きたいね。2人とも行ったことないんですよ。私もうJK終わったのに一度も行ってない。

ユウム:コスプレJKで行こう(笑)

――ぜひディズニーデート楽しんでください!楽しいお話をありがとうございました。

テキスト:水野梨香

写真:mayuko yamaguchi

[最新]恋する♥週末ホームステイ 2021冬 Tokyo - 本編
[最新]恋する♥週末ホームステイ 2021冬 Tokyo - 本編