リムルの表情にも注目?「転スラ日記」1話、ガビルたちの歌がクセになりそう&面白すぎ
番組をみる »

 新アニメ「転生したらスライムだった件 転スラ日記」が4月6日より放送スタート(順次放送中)。第1話での、蜥蜴人族(リザードマン)の戦士長・ガビル(CV:福島潤)たちの歌がファンを爆笑させたようだ。

【動画】リムルと仲間たちの日常「転生したらスライムだった件 転スラ日記」

 同アニメは、伏瀬氏が手掛けるライトノベル「転生したらスライムだった件」を原作としたスピンオフ作品。スライムに転生した主人公・リムル(CV:岡咲美保)と仲間たちの日常が描かれる。

 第1話「魔物の町の住人たち」では、リムルがテンペストの町を視察した。そんな中、リムルは、ガビルとその部下たちが“リムルに捧げる歌”を練習しているところに遭遇。ガビルが「歌詞を『リムル様、大同盟の希望』に変えろ。貴様らはまだまだ愛が足らん!」と部下を叱責する場面を目撃するのだった。リムルが呆れ返ったような表情を浮かべるシーンもあり、Twitter上では「面白すぎた」「ガビルとその仲間たち好き」「字幕でお茶吹いたw」「なんかクセになる歌だったな」「変な歌を聴いたリムル様の顔w」といったコメントが上がっていた。

1日記「魔物の町の住人たち」

【あらすじ】

壮大なスライムライフを送っているリムルは、その半生を日記に綴ろうとした…が、色々ありすぎて筆が止まってしまった。しかしそれもテンペストの日常である。

(C)柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会

転生したらスライムだった件 転スラ日記
転生したらスライムだった件 転スラ日記
転生したらスライムだった件 第2期
転生したらスライムだった件 第2期
転生したらスライムだった件
転生したらスライムだった件