高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

 俳優の高杉真宙が、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー「オオカミ」シリーズの最新作となる『恋とオオカミには騙されない』(以下『恋オオカミ』)第9話にゲスト出演。ABEMATIMESでは収録現場を直撃し出演後の感想を聞いた。

 『恋とオオカミには騙されない』は、 “真実の恋”を叶えようと奮闘する10人の男女を追いかける恋愛番組。ただし、10人の男女のどちらか一方に、好きなフリをする嘘つき“オオカミ”が1人以上潜んでいる。シリーズ最新作となる本作では初のルール変更がなされ、“オオカミ”の性別は明かされていない。

▶映像:10分でわかる『恋とオオカミ』まとめ

なえなの&コウヘイに「気づいたら2人を応援する気持ちが芽生えていた」

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』
全員が涙した脱落回、なえなのはコウヘイと最後のデートへ(『恋オオカミ』第8話

 高杉真宙がゲスト出演したのは『恋オオカミ』の視聴者投票による脱落発表後の回(第9話)。これまで脱落発表の直後は、悲しみを抑えながらも比較的平穏さを取り戻すのが通例となっていたが、今回は思いもよらない波乱万丈の展開が待っているという。

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

 脱落回の後は大切なメンバーがいなくなってしまう現実を受け、少し雰囲気が暗くなると聞いていました。けど、実際には今回怒涛の展開過ぎて、暗くなる暇もないまま進んでいましたね。正直、僕自身もついていくのに必死でした。

 なえなのさんが脱落して、彼女に思いを寄せていたこうへい(樋口晃平)さんがすごく頑張っている感じもあり、気づいたら2人を応援する気持ちが芽生えていました。ただ、“こんなに話が展開するの?” とジェットコースターのように気持ちが揺さぶられたので、見逃せない回とはこのことなのかと思います。1人1人の心の機微に注目だなと。

自分がオオカミだったら…「ちょっとやり過ぎなくらいオオカミだと思わせて…(笑)」

 『恋オオカミ』は若者に人気の恋愛番組。この番組にどんな印象を持っているのかも聞いてみた。

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

 1人以上“嘘つきオオカミ”が混じっているという面白さはもちろんなんですけど、出演者のみんなが自分をさらけ出して、感情的に動いたり、“好き”という気持ちに忠実な姿を目にすると、やっぱり視聴者側としても心が動きます。たくさんの思惑が交差するストーリーがあって、目が離せないです。それぞれを応援したくなるし、みんなに幸せになってもらいたい。でも出演者はどこかで疑心暗鬼にならなくちゃいけなくて、それがどこか人間の深いところを見せてくれていることに繋がっているんじゃないかな。そして1人1人のことを見守りたいと思わせてくれるのは、やっぱり出演者のみなさんに魅力があるからなんだと思いました。

 第9話では、あるメンバーが男の強がりを見せるようなシーンがあったんですけど、そこは感情移入しました。勇気を見せる姿が心に響いたし、VTRを見守りながら“ここで泣いちゃだめだよ、頑張れ!” という気持ちでした(笑)。

 “嘘つきオオカミ”として僕が出演するとしたらですか? 多分僕はわかりやすいんじゃないかなと思います(笑)。身近な人にはよく“さっきすごい気持ちが顔に出てたよ”と指摘されることがあるんです。例えば、演技で上手くいかない時や、友達と話していて納得していない時とか結構顔に出てるようです。仮にオオカミとして出演するなら、ちょっとやり過ぎなくらいオオカミだと思わせて、一周して“違うんじゃない?”と思わせるような、そんなコンセプトでいきたいと思います(笑)

より濃い内容に「今までにない挑戦をたくさんしています」『映画 賭ケグルイ』に自信

 来月4月29日公開の実写劇場版第2弾となる『映画 賭ケグルイ  絶体絶命ロシアンルーレット』で高杉は鈴井涼太役を演じる。2018年に実写ドラマ化され、2019年にドラマの続編が放送、同年5月には前作にあたる『映画 賭ケグルイ』が公開されたが、高杉は最新作を撮影する上でこれまでとの変化を感じたという。

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

 今まではどこか“真面目にふざけている”という感覚の作品だったと思うんですけど、今作は“真面目に真面目なことをやっている”と思います。“本当にこの人には勝てないんじゃないか”と思わせてくれる、藤井流星(ジャニーズWEST)さん扮する視鬼神真玄(しきがみ・まくろ)というラスボス級のキャラクターが登場するんですが、まず、それ自体が大きな見どころ。1つの映画の中にものすごいリスクを伴ったギャンブルのシーンがいくつも入っているので、内容は濃いものになっているんじゃないかな。

 今作も台本の段階からものすごい熱量を感じられて、そこからキャストの皆さんと英(勉)監督とでアイデアを出し合い、よりその熱を高めていきました。今までにない挑戦を、たくさんのキャストやスタッフさんがしていると思います。

 『賭ケグルイ』は、英監督の“こういう風に撮りたい”というビジョンの中で、出演者の自分たちがどれだけキャラクターに命を吹き込めるかが勝負の分かれ目だと思います。全力を出し切りながらも、監督がまとめる……これが『賭けグルイ』の出来上がっていく道筋だと僕は思っていて、今回も本番中は“これがどう仕上がっていくのか”とワクワクしていました。皆さんにもぜひ期待して待っていて欲しいです。

浜辺美波のアドリブ力に驚き「今回もやっぱり流石だと思わされました」

 『恋オオカミ』第8話の中間告白回では、同映画で主演を務める浜辺美波がゲスト出演していた。高杉から見た、浜辺美波の魅力とは?

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

 『賭けグルイ』を通じて、長らく共演させてもらっていますけど、今回もやっぱり流石だと思わされましたね。毎回、浜辺さんだからこそ、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)が成り立っているんだろうなと感じるし、演技をする上で、いくつか強烈に記憶に残っているシーンがあります。その1つは夢子が最初に狂ったシーン。その姿は今作でも健在だし、オン・オフの切り替えの早さもやっぱりすごかったです。

 劇中にはところどころで夢子のお茶目さが姿を現しますが、涼太と夢子がやりとりする中で、浜辺さんがアドリブを入れてきたんです。“ここでそんなアドリブを入れるんだ”とビックリしたんですけど、2人の関係性をより現すような演技だったと思うし、どこかほっこりもしました。その姿を見て、やっぱり演じれば演じるほど、役者と役柄の関係性も深くなるものだと思いましたし、今までとは違う新しい蛇喰夢子の姿も楽しめるので、ぜひそこにも注目して欲しいですね。

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』
高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』
高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

 『恋とオオカミには騙されない』第9話は4月11日(日)よる10時よりABEMAにて配信。また、『映画 賭ケグルイ  絶体絶命ロシアンルーレット』は4月29日(木・祝)より全国公開。

『恋とオオカミには騙されない』第8話

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

#9『この恋に、さよならを告ぐ。』

放送日:4月11日(日) 22:00 ~ 22:30

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8TNjbGeCtG5PrX

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』

高杉真宙、「ジェットコースターのように気持ちが揺さぶられた」男の強がりに共感も『恋とオオカミには騙されない』

【ストーリー】

ギャンブルの強さだけで学内のヒエラルキーが決まる私立百花王学園。蛇喰夢子(浜辺美波)の脅威に、生徒会が危機感を募らせる中、上納金を支払うことができない「家畜」の数が激増。そんな中、2年前のある事件を機に、停学処分を受けていた視鬼神真玄(藤井流星)が舞い戻る。彼の策略にハメられた夢子は打ち負かされ、ギャンブルを封じ込められてしまう。傍若無人な視鬼神は、ついには桃喰綺羅莉(池田エライザ)を生徒会長の座から引きずり下ろす。そして迎えた、会長交代式。夢子は視鬼神に“公式戦”を申し込むのだった―。

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は4月29日より全国公開

(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX

(C)2021 「映画 賭ケグルイ2」製作委員会

テキスト・構成:中山洋平

撮影:Mayuko Yamaguchi

『恋とオオカミには騙されない』これまでのまとめ(PART1)
『恋とオオカミには騙されない』これまでのまとめ(PART1)
ABEMA
映画 賭ケグルイ
映画 賭ケグルイ
ABEMA
賭ケグルイ(シーズン1、シーズン2配信中)
賭ケグルイ(シーズン1、シーズン2配信中)
ABEMA
吉岡里帆、高杉真宙出演映画『見えない目撃者』
吉岡里帆、高杉真宙出演映画『見えない目撃者』
ABEMA
高杉真宙、芸歴10年で手に入れた俳優処世術 「まあ、いいか!」は魔法の言葉 【ABEMA TIMES】
高杉真宙、芸歴10年で手に入れた俳優処世術 「まあ、いいか!」は魔法の言葉 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
浜辺美波、切なすぎるラストデートに思わず涙「オオカミなのかなって…」『恋オオカミ』第8話 【ABEMA TIMES】
浜辺美波、切なすぎるラストデートに思わず涙「オオカミなのかなって…」『恋オオカミ』第8話 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES