読みの手筋にない?20代の実力派将棋棋士が芸能界の問題に四苦八苦「先生、ダメです!」
番組をみる »

 将棋界の天才集団から勝ち残った若手棋士も、芸能界のことは研究範囲外だった?プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」に向けた事前企画で、本田奎五段(23)と高野智史五段(27)がアイドル、さらには実業家としても活躍するホストに関するクイズに四苦八苦。「先生、ダメです!」と将棋であれば絶対言わないような弱音も出てしまった。

【動画】芸能界の話題に頭を抱える若手棋士

 本田五段と高野五段が芸能界に関する知識を問われることになったのは、チームワークを高めるために行われたクイズ企画から。チームリーダーの三浦弘行九段(47)と、昨年と同じく指名をされた2人は、激戦をくぐり抜けた経験からか、明らかに仲がよくなっている雰囲気を出していた。

 よりリーダー三浦九段のことを知ろうというクイズで、出されたのは三浦九段が好きなアイドル。想定外の質問だったのか、早くも20代の若手2人は頭を抱え、本田五段は「頭に思い浮かぶのが、何人も出てくるわけじゃない」、高野五段も「先生、ダメです!」と早々に“投了”した。三浦九段が「アイドルで歌の上手い方。大阪の方で、ギターとかも弾いています。秋元さんの…」など、多くのヒントをもらったものの、2人が書いたのは元AKB48のメンバー前田敦子。これには三浦九段も「ある意味、気が合ってますね」と目尻を下げながら、正解である元NMB48の山本彩の名を出した。

読みの手筋にない?20代の実力派将棋棋士が芸能界の問題に四苦八苦「先生、ダメです!」

 続く問題は、三浦九段が尊敬するタレント。「27、28歳ぐらい。実業家でもあり、髪の毛も黄色というか金髪。ホストです」と大ヒントを連発すると、ここでは本田五段が「あー、わかりました!これは結構自信があります」と目を輝かせたが、高野五段は言葉も出ずに悩みっぱなし。最終的に本田五段は正解のローランド、高野五段はホスト風の衣装でネタをするお笑いコンビ・ぺこぱ(松陰寺太勇)と書いた。

 最近では、将棋に関する作品に出演したり、趣味として将棋に興味を持ったりする芸能人も増えてきた。今後もこの流れが続けば、いずれ本田五段、高野五段にも芸能界の知識や友達が増えることだろう。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

アイドルの問題に大苦戦
アイドルの問題に大苦戦
三浦弘行九段が尊敬するのは…
三浦弘行九段が尊敬するのは…
藤井聡太王位・棋聖、まさかのバドミントン
藤井聡太王位・棋聖、まさかのバドミントン