Takiに別れを告げ動き出した井上想良、想いを寄せる川口葵へLINEを送信…「何考えてるかわからない」メンバーたち大混乱『恋オオカミ』第10話
番組をみる »

 4月18日(日)よる10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』#10が放送。「月LINE」でTakiを誘いデートへ行った直後に、そらが「太陽LINE」をあおいに送信。つなは悔しさを滲ませ、その他のメンバーにも困惑が広がった。

▶映像:Takiに別れを告げ動き出した井上想良、想いを寄せる川口葵へLINEを送信

『恋とオオカミには騙されない』とは

Takiに別れを告げ動き出した井上想良、想いを寄せる川口葵へLINEを送信…「何考えてるかわからない」メンバーたち大混乱『恋オオカミ』第10話

 『恋とオオカミには騙されない』は、デートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する10人の男女を追いかける恋愛リアリティーショー。ただし、10人の男女のどちらか一方に、好きなフリをする嘘つき“オオカミ”が1人以上潜んでいる。シリーズ最新作となる本作では初のルール変更がなされ、“オオカミ”の性別は明かされていない。

 女性メンバーは、なえなの(20歳)、長谷川美月(みちゅ/18歳)、Taki(20歳)、吉田伶香(りょうか/19歳)、川口葵(あおい/22歳)。男性メンバーは、綱啓永(つな/22歳)、りゅうと(ちょこ/20歳)、樋口晃平(コウヘイ/20歳)、杢代和人(もくだい/16歳)、井上想良(そら/22歳)。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務め、第10話は板垣瑞生がゲスト出演した。

そらの「太陽LINE」に騒然となるメンバーたち

 最終章に突入する中、そら、つな、あおい、Takiの四角関係は、予想外の展開を迎えた。中間告白でそらはTakiの告白を受け入れ、両想いとなったが、その後もあおいへの想いを断ち切れずにいた。そのことにTakiも薄々気づいており、次第に不安を漏らすように。そしてついに、あおいに心を固めたそらは「月LINE」でTakiを呼び出し、素直な胸の内を伝えたのだった。

Takiに別れを告げ動き出した井上想良、想いを寄せる川口葵へLINEを送信…「何考えてるかわからない」メンバーたち大混乱『恋オオカミ』第10話

 Takiと別れた直後、そらは早速次の行動に出た。あおいに「太陽LINE」を送信したのだ。りょうかとみちゅは思わず「えー!」と大声を上げ、りょうかは「月LINE使ったばっかじゃん」と驚きの表情。もくだいも「何を考えているのかわからない。だって今までこんなに動かなかったんですよ」と困惑していた。

そらが誘ったのはあおいだった…その時つなの反応は?

 一方その頃、あおいはアトリエでそらからの「太陽LINE」を受け取った。その隣には、つなの姿が。「太陽LINE」の使用を宣言するメッセージが送られてきた際、つなは誘われる相手があおいではないかと予想。あおいは自分が誘われるとは思ってもいなかったようで「違うでしょ。みんなにでしょ。元気ないからとか」と話していた。その後、自分の予想が当たっていたことを知ったつなは「やっぱそうじゃん…」とうなだれ、動揺をあらわに。あおいへの恋心を抱えたまま、りょうかからアプローチを受け心が揺れているつなは、最終的にどちらの女子を選ぶのか?そして、「太陽LINE」デートで、そらとあおいは何を語るのか?佳境を迎えたメンバーたちの恋から、目が離せそうにない。

 次回、そらは「太陽LINE」であおいを誘いデートへ。しかし、そらは1人で先にアトリエへ戻ってくる。予告では、あおいがつなに「ありがとうしか言えんくて。自分もって言えんくて」と打ち明けるシーンも収められており、恋の波乱を予感させる展開が続く。そんな中、グランピング施設をつくる共同作業に、緊急事態が発生。DIY監修の岩西剛さんから「ふざけなくていいからホントやって」と厳しい声が飛び、さらに、赤い手紙に記されていた内容に、メンバーたちは涙を流す。『恋とオオカミには騙されない』#11は、4月25日(日)よる10時~放送。

Takiに別れを告げ動き出した井上想良、想いを寄せる川口葵へLINEを送信
Takiに別れを告げ動き出した井上想良、想いを寄せる川口葵へLINEを送信