「ひどい嘘をつきました」なえなのがオオカミだった…手紙で告げた真実にコウヘイ大号泣『恋オオカミ』最終回
番組をみる »

 5月2日(日)よる10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』の最終回が放送され、「オオカミ投票」の結果を受け脱落したなえなのは、“オオカミ”だったことが判明。コウヘイはなえなのからの手紙を読み、号泣した。

▶映像:「ひどい嘘をつきました」なえなのがオオカミだった…手紙で告げた真実にコウヘイ大号泣(最終話配信中)

『恋とオオカミには騙されない』とは

「ひどい嘘をつきました」なえなのがオオカミだった…手紙で告げた真実にコウヘイ大号泣『恋オオカミ』最終回

 『恋とオオカミには騙されない』は、デートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する10人の男女を追いかける恋愛リアリティーショー。ただし、メンバーの中に好きなフリをする嘘つき“オオカミ”が1人以上潜んでいる。

 女性メンバーは、なえなの(20歳)、長谷川美月(みちゅ/18歳)、Taki(21歳)、吉田伶香(りょうか/19歳)、川口葵(あおい/22歳)。男性メンバーは、綱啓永(つな/22歳)、りゅうと(ちょこ/20歳)、樋口晃平(コウヘイ/20歳)、杢代和人(もくだい/16歳)、井上想良(そら/22歳)。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

なえなのは“オオカミ”だった…「きれいに騙してあげられなくてごめん」

 この春、コウヘイが恋をし、真っすぐに想いを寄せたなえなのは、「オオカミ投票」で脱落。女子側に“オオカミ”がいることから、なえなのは復活できず、一緒に最終告白を迎えたいというコウヘイの願いは叶わなかった。コウヘイが告白の舞台となった海岸へ行くと、そこにはなえなのからの手紙と、赤い風船が置かれていた。手紙を開いた途端、コウヘイの目に涙があふれ出した。手紙には、コウヘイが注いでくれた真っすぐな愛への感謝と、嘘をついてしまったことへの謝罪が、素直な言葉で綴られていた。

 「コウヘイへ。元気ですか?なえは元気だけど、ちょっとだけ元気がないです。コウヘイやみんなと会えなくなったのはやっぱり寂しいです。初めて出会ったコウヘイは背が高くて、見上げてしまうほどだなという印象でした。その後、たくさん話をして知ったコウヘイは、ただただ真っすぐで純粋で、なえにはもったいなさすぎる人でした。なえのせいでコウヘイが傷ついていることはわかっていました。だけどコウヘイは自分の痛みなんて少しも見せずに、どんな時でもなえの方を見てくれた。そんな人に出会ったのは初めてでした。きれいに騙してあげられなくてごめん。一番謝りたいのは、脱落の後、コウヘイの月LINEで『なえを捕まえてくれたら復活する』って言ったこと。あの時なえは復活できないってわかってました。だけどコウヘイに捕まえてほしくて、ひどい嘘をつきました。全部、ぜんぶ、ごめん」

「ひどい嘘をつきました」なえなのがオオカミだった…手紙で告げた真実にコウヘイ大号泣『恋オオカミ』最終回

 なえなのの手紙を読み終えると、コウヘイはしゃがみ込んで号泣。やがてコウヘイは立ち上がって歩き出すと、赤い風船を空に放った。飛んでいく風船を、コウヘイは切ない表情で見つめていた。スタジオの横澤はこぼれる涙を拭い、「復活できないって本人が一番知ってたってこんな切ないことないわ」としみじみコメント。多くの視聴者もコウヘイの恋の結末に胸を痛め「号泣した」「切なすぎる」「コウヘイ報われてほしかった」などといった声が上がっていた。

 なお、ABEMAプレミアムでは、スペシャルエピローグを3週連続で限定配信。“オオカミ”だった女子の舞台裏を公開する禁断企画や、成立したカップルのその後、さらには“オオカミ”かどうか明かされなかったTakiの秘密に迫る、シリーズ初の企画も用意されている。第一夜は5月2日(日)23時~、第二夜は5月9日(日)22時~、第三夜は5月16日(日)22時~配信。

「ひどい嘘をつきました」なえなのがオオカミだった…手紙で告げた真実にコウヘイ大号泣(最終話配信中)
「ひどい嘘をつきました」なえなのがオオカミだった…手紙で告げた真実にコウヘイ大号泣(最終話配信中)
【ABEMAプレミアム限定】第一夜:オオカミちゃん 涙の誤算
【ABEMAプレミアム限定】第一夜:オオカミちゃん 涙の誤算