ABEMAのバラエティ「チャンスの時間」で、AKB48の元メンバーで焼肉店を経営している内田眞由美が「女性の本音ソング」を熱唱。“オンラインチョメ”をテーマにした歌が、番組MCを務めるお笑いコンビ・千鳥の2人をうならせた。

【動画】元AKB48内田眞由美の本音ソングが過激

 5月12日に放送された「チャンスの時間」では、3人の元アイドルに知られざる女性の本音を歌ってもらい、自分をさらけ出せる“本音シンガー”を発掘する「次世代 本音シンガーオーディション」が開催された。同企画の元となった「女性の本音を歌で伝えるグランプリ」の歴代女王で、元AKB48のメンバーでもある野呂佳代と大島麻衣も出演し、千鳥の大悟と3人で面接官を務めた。

 トップバッターとして登場した内田は、焼肉店の経営者としての経験を生かして「焼肉店に来て会計を渋る男性」をテーマにした本音ソングを歌い上げた。当たり障りのない歌詞に、野呂はさっそく「全然まだ本音が弱い。守ろうとしてる感じが全面に出てる。内田さんは本当に守んなくていい人なんですよ」と一刀両断。続いて大島が「焼肉店の個室で“そういうこと”したことはない?お店で働いてる男性スタッフとのチョメとかは?」と尋ねると、内田は必死に否定した。

 面接官の3人から、内田にさまざまな質問が寄せられる中、進行役のノブが「男性のこんなところにグッときたとかは?」と質問。「遠距離とかだと会えないじゃないですか。だから、オンラインでというか、テレビ電話とかで(行為を)やります」と答えた内田に、大悟は「それをなぜ書かない?」とダメ出しした。

 その後も「遠距離の相手はどこの人でした?」「終わり方はどうなるんですか?」「好きなプレイスタイルは?」といった質問に答えていく内田。さらに、面接官からアドバイスを受けて、新しい女性の本音ソングを披露することになった。

 スタジオに再び登場した内田は、「オンラインチョメする時、相手が出す時のアップは見たくない」というセンセーショナルな歌を熱唱した。曲を聞き終えたノブは、「素晴らしい!オンラインチョメの学習にもなりましたね」と絶賛。大悟も「この1曲であなたの焼肉屋の客単価2万円になりました。すごい新人が出てきました」と拍手を送っていた。

(ABEMA/チャンスの時間より)

内田眞由美の本音ソング
ABEMA
素直な思いに共演者が大絶賛
ABEMA