5月15日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.3が放送され、想いがすれ違う男女のキスシーンに注目が集まった。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3
番組をみる »

【動画】本番前に涙 キスシーンを経てあつき&りおんの関係はどうなる?

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.1からact.3までの新スタジオメンバーとして近藤春菜(ハリセンボン)、鈴木愛理が出演する。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

りおん、あつきの気持ちを察して気丈に振る舞うも…

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 ドラマ第2話は、売れっ子漫画家のもとでアシスタントとしてキスのシチュエーションを考えることになった女子大生の恋物語。最後にはカーテンに包まれながらの神秘的なキスシーンが待っている。

 オーディションの結果、主役に選ばれたのは前日に同棲ハウスに入居したあつき&りおんのペア。しかし、りおんはベッドの中であつきの気持ちは他にあることに気づいてしまっていた。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 この結果にあつきは「ふたりで作り上げてきたものにたいして受からなくても後悔がないような演技をしようとは思ってたので」「結果として出たのはすごい嬉しかったです」と役者として喜びのコメント。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 りおんは「(先生に)伝わってる~と思って。めちゃめちゃ感動しました。嬉しかった」と笑顔を見せたが、「同棲ハウスはどうだった?」という質問には、「ちょっと悲しかった。まぁまだこれからなんで頑張りたいですけど…あっくん(の矢印)は別にわたしに向いてるわけではないんだなっていうのが、ちょっとそれに気づいてしまった時間になっちゃいました」と気まずい一夜を振り返り、「けっこう頑張ってると思うんですけど…難しいですね…」「これ以上苦しいなら、なんかもう逃げたくなっちゃいます…」と涙を流した。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 そんな苦しい状況の中でも、りおんはドラマ撮影が始まると「全力でドキドキさせていただきます。ドキドキさせてください」と気丈に振る舞い、キスシーンのリハーサルでは、「お互いに人生で初めてみたいな感じにする?」と可愛らしい提案。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 さらに、キスシーン撮影前になるとあつきを連れ出し、「一緒にペア組めて本当に嬉しかった」「今回主演取れたのはあっくんのおかげだと思ってるから」と改めてあつきに感謝を述べ、「このシーンは本気で好きになるわ。なので、本気で好きになってください、台本の中では」とアピールした。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 しかし、あつきは大きく頷きながら「そういうシーンだからね」と微妙な返し。りおんの一方的な想いが溢れる展開にスタジオも「見てられない」「不器用なんだね~」と言い、福徳は「あつきの気持ち、わかるぜ」と男目線で語っていた。

キスシーンを経て気持ちに一区切り りおん「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」

 こうして迎えたキスシーン本番では、レースのカーテンをウェディングベールに見立ててくるまったアシスタント・里島琴音(りおん)に漫画家・藤堂みゆきち(あつき)から不意打ちのおでこキス。琴音は、「ドキドキしました。すごく…」「でも、そのあとに唇にキスされたらもっとドキドキすると思います」と言いながら藤堂の手を引き、続けて藤堂から唇に優しいキス。最後は二人でカーテンの中に入ってキスを交わし、その姿が漫画のワンシーンになるという、まさに少女漫画な世界観に仕上がった。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 キスシーンの撮影を終えて、りおんは「めっちゃ楽しかったです。やりきった感、達成感しかないです。気持ちに一区切りついてる自分がいます」「ちょっと(視野を)広くしてみるのもいいんじゃないかなと思ってます」と清々しい表情。「(あつきのキスシーンを)見たくなかったら自分が取ればいい話なんで」と前向きに語った。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 一方あつきは、「時間が止まってるかのように全てがゆっくりというか、今までに感じたことのない感覚だった」「芝居してる瞬間は、素敵だなっていう感情も生まれましたし、そういうのは役としての変化かなって思ってます」と、演技の上ではりおんに惹かれたことを明かしつつも、「恋愛感情は生まれてないです」とのこと。気になる人については、「ののかが気になってはいます」とはっきり答えた。

キスシーンを経て自らの恋心に終止符「視野を広くしてみるのもいいんじゃないか」 『ドラ恋~KISS or kiss~』act.3

 二人のインタビューを見たスタジオは、「ののちゃんのこと恋愛だったんだ」「だったら納得」とあつきからのりおんへの距離感も納得した様子。りおんについても、「次のステップにずんずんいきましたね」「二人にとってすごくよかった」と言い、それぞれの恋を応援した。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 - 3話
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 - 3話