第42回日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を総なめにした映画『孤狼の血』の続編『孤狼の血 LEVEL2』が8月20日公開。この度、同作にて元サッカー日本代表の播戸竜二が本作に、賭場で真剣勝負する男として俳優デビューすることが明らかになった。

▶︎動画:『孤狼の血』

 播戸竜二は、兵庫県姫路市出身の元プロサッカー選手で、現在ではサッカー解説者を務めている。現役時代のポジションはフォワードで、ガンバ大阪やヴィッセル神戸、セレッソ大阪など複数のチームを渡り歩き、2006年~2008年には日本代表としてもプレー。2019年に現役を引退し、翌年3月12日からJリーグの特任理事(非常勤)、同年5月14日から日本サッカー協会(JFA)のアスリート委員、2021年2月1日からWEリーグの理事も務めるなど、今なお日本サッカー界への貢献を止めることのない“ストライカー”だ。そんな播戸の賭博行為が発覚!?映画『孤狼の血 LEVEL2』で賭場で勝負する男を演じる。

 播戸は「やる時はやるぞという気持ちで挑みました」と語り、俳優デビューに気合十分。時代を感じさせる衣裳に身を包み、尾谷組が取り仕切る賭場で真剣な勝負師の眼差しを見せた。また、白石和彌監督から直々に演技指導も。播戸が「現場はやはり相当な緊張感があり、サッカーで言うと“絶対に負けられない試合”みたいな空気がお芝居のやり取りの一瞬一瞬にありました」と語るように、撮影現場から熱気が伝わる。個性的なキャストが勢ぞろいする中、俳優デビューを果たした播戸竜二はどのような姿を見せるのか?

播戸竜二コメント

映画出演のお話をいただいたときからずっと「どういう風な感じなんやろな」と思っていましたが、現場はやはり相当な緊張感があり、サッカーで言うと“絶対に負けられない試合”みたいな空気がお芝居のやり取りの一瞬一瞬にありました。

監督には「貧乏ゆすりをしたり、『次、勝たなきゃ!』みたいな気持ちをもっと出して」といったことや、「周りの客を気にして窺うような仕草をして」といったことを言っていただき、前日のリハーサルも含め役作りに活かすことが出来ました。

“目の前のことに集中する”というのはサッカーでもお芝居でも同じで、賭博でも何でも、やる時はやるぞという気持ちで挑みました。

(c)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

孤狼の血[R15+] | ABEMAで無料配信中!(~5/16 AM7:00まで)
孤狼の血[R15+] | ABEMAで無料配信中!(~5/16 AM7:00まで)