コン・ユ&パク・ボゴム出演映画『SEOBOK/ソボク』が、7⽉16⽇(⾦)より新宿バルト9ほか全国公開となる。この度、本作の場面写真が一挙解禁された。

 余命宣告を受けた元情報局員・ギホン。死を⽬前にし明⽇の⽣を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕⽣した⼈類初のクローン・ソボクを護衛する任務が与えられる。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2⼈だけになってしまう。危機的な状況の中、2⼈は衝突を繰り返すも、徐々に⼼を通わせていく―。しかし、⼈類の救いにも、災いにもなり得るソボクを⼿に⼊れようと、闇の組織の追跡は更に激しく なっていく 。死を⽬の前にした元情報局員・ギホンを演じるのは、『新感染 ファイナル・エクスプレス』 『82年⽣まれ、キム・ジヨン』など出演作を必ずヒットに導く韓国映画界のトップスター、コン・ユ。死ぬことのない永遠という時間の中に閉じ込められた⼈類初のクローン・ソボク役には⻘春スターとして圧倒的な⼈気を誇るパク・ボゴム。監督は『建築学概論』のイ・ヨンジュがつとめ、本国では今年最⼤の話題作として注⽬を浴び、初登場NO.1を記録︕“死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。対極の定めを⽣きる2⼈が互いのために宿命に抗う。

▶映像:コン・ユ主演、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

 この度、コン・ユ演じる元情報局員ギホンと、パク・ボゴム演じる⼈類初の不死のクローン・ソボクよる逃避⾏を映した場⾯写真が⼀挙解禁。余命宣告を受け、ソボクを護衛し極秘に移動させるという⽣涯最後の任務を引き受けたギホンが、ソボクを狙うさまざまな勢⼒に追われ、予期せぬ状況に巻き込まれていく本作。場⾯写真では、ギホンが何者かに拳銃を向けソボクを守ろうとするシーンが切り取られており、これまで様々な”頼れる男”を演じてきたコン・ユが本作ではどの様な頼もしい姿を⾒せてくれるのか。

 また、研究所に閉じ込められてきたソボクが初めて外の世界に出て、逃避⾏の最中で2⼈が徐々に⼼を通わせていく様⼦も写さ れている。監督のイ・ヨンジュは、本作で「両極端な状況に置かれた2⼈の男が険しい旅路で⼈間の宿命ともいえる死の恐怖を克服 し、⼈⽣と向き合う過程を描きたかった」と語っている。 さらに、数々の作品でバイプレーヤーとして活躍するベテラン俳優 チョ・ウジン(『1987、ある闘いの真実』『インサイダーズ/内部者たち』ほか)が演じる、⽬的のためなら⼿段を選ばない情報局要 員アン部⻑の姿も収められており、2⼈の逃避⾏にどのように関わっていくのか注⽬される。

『SEOBOK/ソボク』

出演︓コン・ユ、パク・ボゴム

監督︓イ・ヨンジュ『建築学概論』

2021年/韓国/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/114分/原題︓서복

©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED 

コン・ユ主演、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』
コン・ユ主演、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』
コン・ユ主演人気ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』
コン・ユ主演人気ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』
雲が描いた月明り
雲が描いた月明り