手越祐也、始球式の自己採点は80点 今後の目標は「ハマスタで満員のライブを」
番組をみる »

 タレントの手越祐也(33)が18日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズ-中日ドラゴンズの始球式に登場した。

【映像】手越祐也、始球式の様子

 自身の名字「てごし」にちなみ、背番号「1054」の入ったユニホーム姿でマウンドに上がった手越の投球は、ワンバウンドとなったものの、会場の野球ファンを盛り上げた。

手越祐也、始球式の自己採点は80点 今後の目標は「ハマスタで満員のライブを」

 人生初の始球式となった手越。今回の投球について「まぁでも、一発勝負ということを加味したら80点ぐらいあげてもいいかなと思います。マウンドの傾斜は1回しか経験がないので、独特な雰囲気と神聖な雰囲気もありましたし、ただ自分的には絶対低めに投げるというのが目標だったので、その目標は達成できましたし、暴投は絶対したくなかったので、(皆さんが)気持ちよく受け入れてくださったおかげで僕自身もすごく大切な思い出ができました」と自己採点した。

 横浜市出身の手越は、横浜スタジアムで叶えたい目標があるそうだ。「人数制限のないライブができたらいいなと。コール&レスポンスのあるライブができたらいいなと思いますけれども、ぜひやりたいですね。“金髪のバラエティ兄さん”と思っているような小さい子たちとか、お茶の間の方もたくさんいると思うので、やっぱり僕は音楽が一番大好きなので、そこでまたアピールと素晴らしい音楽を伝えていって、いつか『ハマスタ』で(ライブを)できたときには、満員のファンの方で埋められるように、毎日の活動を頑張りたいと思います」。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

手越祐也 初始球式を自己採点
手越祐也 初始球式を自己採点
“ニセ手越祐也チャンネル”なぜ続出? 芸能人になりすます意外なワケ
“ニセ手越祐也チャンネル”なぜ続出? 芸能人になりすます意外なワケ