5月22日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.4が放送され、死期が迫ったカップルの号泣キスシーンに注目が集まった。

キスをしながら号泣 アユリ&ケイスケの壮絶なキスシーンエチュード『ドラ恋~KISS or kiss~』act.4
番組をみる »

【映像】キスをしながら号泣 アユリ&ケイスケの壮絶なキスシーンエチュード

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.4からact.6までの新スタジオメンバーとして女優の夏菜乃木坂46の元メンバーの堀未央奈が出演する。

キスをしながら号泣 アユリ&ケイスケの壮絶なキスシーンエチュード『ドラ恋~KISS or kiss~』act.4

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

アユリ&ケイスケの悲しすぎるキスシーンエチュード

 ドラマ第3話のオーディションを前に、メンバーたちは体力作りやエチュードなど演技の基礎訓練をすることに。女子からの指名制でのキスシーンのエチュードでは、アユリが第一印象から気になっているケイスケを指名し、死期が迫ったカップルという設定で演技を披露した。

キスをしながら号泣 アユリ&ケイスケの壮絶なキスシーンエチュード『ドラ恋~KISS or kiss~』act.4

 ケイスケは「別れようかなと思って」と泣き出すと、大声をあげて「あと2週間!!いきなり癌!!だから別れて!!」と別れの理由を告白。突然の宣告にアユリは「死なないでよ~!!」と大号泣し、ケイスケを追いかけた。

 「これから誰と付き合ってもいいし、誰と結婚してもいい」と嗚咽するケイスケ。二人は感情を爆発させ、ドラマチックで悲しいキスシーンを即興で演じ、他のメンバーを圧倒した。

キスをしながら号泣 アユリ&ケイスケの壮絶なキスシーンエチュード『ドラ恋~KISS or kiss~』act.4

 その後のペア決めでは、再び女子から指名のペア決めに。アユリはケイスケとペアを組むことができるのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.4は、ABEMAビデオで配信中。

​​​​​​