月100万円使ってもメンズ地下アイドルはコスパがいい? 元ファンが持論を展開
番組をみる »

 22日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、メン地下アイドルを応援する「コスパの良さ」について、持論が展開される一幕があった。

 この日はメジャーデビューをせずにライブシーンなどで活動しているメンズアイドル「メン地下アイドル」を特集。ゲストにこの話題に詳しい妹尾ユウカ氏、山野萌絵氏と、実際にメン地下アイドルとしての経験を持つ風道千、RYOMAをゲストに招き、トークを繰り広げた。

▶見逃し配信中:過激チェキ会、月収200万…知られざるメン地下アイドルの世界

 竹山が「メン地下はコスパがいい」という意見があることに触れて、実態について問いかけると、メン地下アイドルのファンだった経験もある山野氏は「あくまでも私の持論」と前置きしてから理由を解説した。

 メン地下アイドルを熱烈に応援する「太いファン」は月に100万円を使うこともあるが、前野氏はメジャーなアイドルのアイドルの追いかけをしたとしても高額な出費になることがあるとして、「それにくらべてメン地下はたとえばですけど、月100万を使ったら、いわゆる“トップオタ”になれる、ということがザラにある世界」とコメント。

 「誰かの一番になりたい」「誰かのトップオタになりたい」「承認欲求を手っ取り早く満たしたい」という想いを持つ人にとっては、メジャーアイドルやホストクラブに行くよりはコストパフォーマンスがいい現場なのではないか?と述べていた。

【動画】元メン地下の風道千、RYOMAが登場
【動画】元メン地下の風道千、RYOMAが登場
1か月で数千万稼ぐ!?メンズ地下アイドルの“光と影”
1か月で数千万稼ぐ!?メンズ地下アイドルの“光と影”