5月2日に配信が終了したABEMAの大人気恋愛番組『恋とオオカミには騙されない』(以下『恋オオカミ』)で中盤を過ぎた頃から急接近し、見事最終回で両想いとなった吉田伶香(りょうか)と綱啓永(つな)。告白直後はその結末にコメント欄は「かわいい」「めっちゃお似合い」など、祝福ムードに包まれた。

▶映像:つな&りょうか、告白成立で何度もハグ!(『恋オオカミ』第12話)

 中間告白ではちょこ(りゅうと)と両想いになったが、その後、つなへの気持ちに気付き、アプローチをしたりょうか。一方、つなは川口葵(あおい)とりょうかの間で心が揺れていたが、最終告白で自身の恋に答えを出した。そんな2人をABEMA TIMESでは直撃、『恋オオカミ』について振り返ってもらった。

りょうか、つなの第一印象は「チャラかった!」徐々に恋に変わったタイミング

――お2人が『恋オオカミ』の収録を通じて、最初に抱いた印象から変わらないところ、また時間を経て変わった点などがあれば教えてください。

つな: 印象が変わったというのはないですね。第一印象からめっちゃ話しやすかったんですよ。女子全員と2ショットタイムをしたんですけど、唯一最初からいじってきてくれたんです。何て言われたのかは忘れちゃったんだけど…。

りょうか: 確かお笑いの話をしたよね。サンドウィッチマンさんのこととか。

つな: したした! そんな中で急にイジってきて「ふ~ん、なるほどね、こういう子なんだ」と思いましたね。

――イジってもらったのは、うれしかった?

つな: うれしいか、うれしくないかで言ったら、うれしかったですね。

りょうか: ふふふふ(笑)。

――かわいいなと?

つな: そうですね。そして話しやすい子だと思いました。天真爛漫な魅力があって、最後まで良い意味で印象が一切変わらなくて、かわいらしさが継続していました。

――一方のりょうかさんは、つなさんの印象は変わりましたか?

りょうか: 私は結構変わったかもしれないです。最初は正直“チャラい”という印象だったんです。服装も柄の入ったスーツのセットアップだったので(笑)。

つな: そうだった、そうだった(笑)。

りょうか: そう。だけど、話してみると喋りやすいなと思いました。この人、お笑いがすごく好きなんだなと思いました…けどやっぱり、ちょっとチャラいなって(笑)。

――先ほど、外見のチャラさを指摘していましたけど、それだけではなく、内面のチャラさを感じたということ?

りょうか: う~ん…なんか最初はすごく取り繕っている感じがしたんですよ。特にそらくん(井上想良)とつなくんなんですけど、この人たちは上辺で話してると思って…ニコニコしてはいるけれど、心を開いてくれてない気がしました。

――緊張されていたということでしょうか?

つな: めちゃくちゃ緊張してました。特に第1話の時なんて、あんなに緊張する事はなかなかないですよ。

綱啓永「恋愛対象に入ってないと思ってた」吉田伶香と育んだ恋『恋とオオカミには騙されない』カップルインタビュー

かわいすぎる2人に祝福の声が殺到した“つなりょか”カップル(『恋オオカミ』より)

――そんな中、つなさんへの印象はどう変わっていった?

りょうか: 徐々に優しさに気付いたし、やっぱり面白いし、そして意外と世話焼きなんです。それでいて、甘えたい人でもあるから、両方を持っているんだなって。そして見えないところですごく気遣ってくれるから、徐々に素敵だなと思うようになりました。あとは人を傷つけない、自分を犠牲にして笑いを取る姿勢も良いなって…うーん……あんまり褒めたくない!(笑)

つな: (笑)。

――存在全てが愛しく感じたということです?

りょうか: そうです。とにかくつなくんには何でも言えるんですよ。気を遣わなくていいし、男らしいところにも気付いちゃって恋心が芽生えた感じです。

つな: ほっほ~。良かった。話を聞いていて最初は散々な印象でどうなることかと思いましたけど、最後はただただ僕が気持ち良くなる時間でしたね。

つな、りょうかからのアプローチで気づいた想い「お兄ちゃん枠だと思ってた」

――つなさんは、りょうかさんの気持ちが自分に向いていると気付いた時、見え方は変わりましたか?

つな: 正直それで全てが変わりましたね。もともと歳が4つ下で現場では「お兄ちゃん」と呼ばれていたんです。そうなるとこの子からすると、自分は恋愛対象じゃないんだと思うじゃないですか。

――恋愛という意味ではものすごく距離を感じる言葉ですね。

つな: ですよね。1番話しやすくて、完全に友達みたいになっていたから、恋愛対象からは外れていると思っていたんです。でも自分に気持ちがあることを知ったから、いけたというか…やっぱり自分に対して好意を持ってくれている人のことは意識するじゃないですか?人にもよると思うんですけど、僕はそういうタイプなんです。

りょうか: わかる、わかる。

つな: なので、気持ちがあると知ってうれしかったですね。お兄ちゃん枠だったけど、突如LINEがきて…でも彼女はずっとちょこ(りゅうと)といい関係だったし、中間告白でも結ばれていた。素直にうれしかったけど、「何を考えているんだろう…オオカミちゃんなんじゃないか?」という疑問も正直ありました。

――なるほど。お2人は収録前はどんな気持ちだったんですか?

2人: 不安しかなかったよね。

――それはどういう不安?

つな: 僕は視聴者として『オオカミ』シリーズを見ていたんですけど、やっぱり第一印象ってすごく大事なんですよ。最初話せる人というのがモテるというのがわかっていたので、「ああ、自分は話せない…どうしよう……」という気持ちはありました。

――自分が人見知りしてしまう性格を理解していたからこその不安というか。

つな: そうですね。でも今回は親友のそらがいたからこそ、最後いい形で終われたんじゃないかなって。多分、そらがいなかったら、ここまで素を出せてなかったんじゃないかなって思いますね。

――確かに、そらさんを取材させていただいた時に、「つなは最初、全然自分を出せていなかった」と仰ってました。

つな: はい、一致しましたね。さすが、そら(笑)。

恋をしている姿に照れ「そもそも恋愛ってこっそりするもの(笑)」

――りょうかさんはどんな不安を抱えていたんですか?

りょうか: 誰にも好かれなかったらどうしようというのと、女子メンバーと仲良くなれなかったら困るなという、ダブルの不安がありました。過去にはいいなと感じた人を一途に思うこともできたので自然体でいけるかなと考えていたけど、いざ収録に参加したら、やっぱりみんなのこと知らないし、この先どうなるんだろうという気持ちでしたね。

――自分が恋をしているところを、視聴者に見てもらうということへの気持ちはいかがでしたか?

りょうか: 最初は恥ずかしかったです(笑)。

つな: 恥ずかしいよね。絶対嫌だって思いもありました。だったら何で出演するねんって話ですけど(笑)。友達や家族には見て欲しくないし、そもそも恋愛ってこっそりするものじゃないですか?

りょうか: そうだよね(笑)。

つな: ね。だから、こうやって大々的に恋をするのも最初は照れがありましたけど、放送を見たら意外といい顔してるじゃん!と思えて。

――それはどういう時に?

つな: (川口)葵に気持ちを伝える時、当時の自分は緊張していて、多分、顔終わってるだろうなと思っていたんです。「最悪です、怖いです、放送見たくないです」と他の人に言っていたんですよ。でも、いざ見たら、意外とちゃんとしてるなと思ったし、反響もあったから、これでよかったんだと思えて。そこから意識が変わった気がします。

りょうか: 私は恋した時の自分の顔を見たことがなかったから、恋しているとニヤニヤしてると知ることが出来たけど、気持ち悪い感じには見えなかったからよかったです。(笑)

つな: それは大丈夫(笑)。

りょうか: それと、私は真顔がすごく不機嫌そうに見えるんだなと学びました。今もそれが悩みなんです。初対面の人と会う時は特に気を付けようと、思いましたね。

――応援してくれる視聴者の声はいかがでしたか?

つな: うれしかったです。正直、推しの人が恋愛番組に出るのは自分だったら嫌だと思うんですけど、意外と受け入れてくださる人が多かったので、ホッとしました。頑張って良かったと思いましたね。

りょうか: すごく勇気づけられました。本当にうれしかったです。私は『恋オオカミ』でファンになってくださった方が多いと思うんです。こんなに応援されるというのが初めての体験だったし、「りょうかちゃんが幸せであるように!」とか、「りょうかちゃんの姿見てると、疲れが吹っ飛びます」などの、コメントを見ると、私は逆にその言葉に疲れが吹っ飛びました。

――なるほど。

りょうか: この世界に入る前はSNSにコメントしたり、DMを送ってもどうせ見てもらえないんだろうなと思っていたんですけど、コメントをもらえる側になってみて、全然そんなことないと感じました。すごく励みになっていたし、ファンの方にはありがたいという気持ちしかないです。

つな、髪切ったりょうかへの神対応に「反響がいかつかった(笑)」

――「恋オオカミ」という番組は自分の人生、そしてこれからの芸能生活において、どんな位置づけになると、お2人は考えていますか?

つな: 位置付けといったら、それはおっきいですよ…。

りょうか: おっきいよね。もうないよね、こんな経験。

つな: 2度とないと思う。やっぱり、りょうかもだけど、俳優という仕事は素の自分でカメラの前に立つことはほとんどないし、でも『恋オオカミ』では完全な素を出していたので、本当に最初で最後のいい機会だったと思います。

りょうか: 良いことも辛いことも含め、いろんな感情をもらいました。

つな: いかに気持ちを素直に伝えることが大切かってことを学んだよね。

りょうか: 本当に思ったよね。

――12話でりょうかさんが髪の毛を切った後にデートした2人のシーンはすごく反響が大きかったですよね。

つな: 伝説のシーンです…!(笑)

綱啓永「恋愛対象に入ってないと思ってた」吉田伶香と育んだ恋『恋とオオカミには騙されない』カップルインタビュー

りょうかのイメチェンにつな「かわいい!」と絶賛(『恋オオカミ』より)

――即座に「かわいい!」と言ってましたよね。

つな: あれは、反響がいかつかったんですよ。僕たちがこういう関係になったのは割と番組の終盤頃だったので、「りょかつな」ファンというのがほぼゼロの状態だったんですけど、最終回のあのシーンですごく増えて、僕からしてもあれは最後の決断をした大きな決め手となった瞬間です。

りょうか: もうちょっと早くね。私が、自分の気持ちに向き合っていればね、良かったよね。

つな: 俺が「うんうん」と頷ける話じゃないけど(笑)。

――つなさんが自分の素を出せるようになったのは後半になってからという話もありましたもんね。

りょうか: でも最初の段階でムードメーカーの片鱗はあったんですよ。乾杯のシーンで、すごく下から「乾杯」するという小ボケを入れてきて(笑)。

つな: これに関しては全然ボケてないんですよ。目上の人と乾杯する時は、相手のグラスより下から乾杯するじゃないですか。シンプルにそれです。

りょうか: いや、見てください! 全然そんな恐縮した感じじゃないです。すごい、ひょうきんな感じでやってました! 第1話に映っているので、ぜひ、いろんな人に見返して欲しいです(笑)。

 『恋とオオカミには騙されない』はABEMAビデオにて全話配信中。また、ABEMAプレミアムでは2人の告白後のデートに密着した様子も配信している。

テキスト:中山洋平

撮影:You Ishii

衣装:An MILLE ラフォーレ原宿店(吉田伶香)、URBAN RESEARCH iDラフォーレ原宿店(綱啓永)

綱啓永「恋愛対象に入ってないと思ってた」吉田伶香と育んだ恋『恋とオオカミには騙されない』カップルインタビュー

りょうか&つな、告白後の爽やかデートの様子も配信中(『恋オオカミ』より)

『恋とオオカミには騙されない』全話配信中
『恋とオオカミには騙されない』全話配信中
付き合う?付き合わない?りょうか&つながデートへ
付き合う?付き合わない?りょうか&つながデートへ