水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」対談で感じた魅力
番組をみる »

 若者世代からカリスマ的人気を誇る動画クリエイター・kemio(25)に密着した、ABEMAのオリジナルドキュメンタリー番組『MILLENNIAL /ミレニアル』が、6月3日(木)よる11時よりABEMAにて放送。ポッドキャスト番組でkemioと対談した、モデルで女優の水原希子が、「新しいスター」と彼の魅力を絶賛する場面があった。

 『MILLENNIA    L /ミレニアル』は、2000年代以降に成人を迎えた、もしくは迎える世代である“ミレニアル世代”に特化した、ABEMA初となるオリジナルドキュメンタリー番組。さまざまな分野で活躍する“ミレニアル世代”の若者に密着し、彼らの等身大の姿を同世代の視聴者に向けて届けていく。

▶映像:水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」

 今回の主人公は、YouTubeの登録者数196万人を誇る、人気動画クリエイターのkemio。10代の頃、6秒の動画アプリ「Vine」に投稿した“高校生あるある”が注目を集め、インフルエンサーの先駆けに。2年前に出版したエッセイでは、ゲイであることをカミングアウトし、大きな反響を呼んだ。そして、日本での活躍がますます期待される中、2016年末にアメリカへ拠点を移し、2019年からニューヨークでの生活をスタートさせた。

水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」対談で感じた魅力

 約1年ぶりに日本へ帰国した際、kemioは自身がパーソナリティーを務めるポッドキャスト番組の収録に臨んだ。「今1番会いたい人から話を聞いて、学べることを吸収したい」という気持ちから始めたというポッドキャスト番組。この日は、水原希子をゲストに招いた。社会的な問題に関してもSNSで積極的に発言している水原に、尊敬の念を抱いているというkemio。日本では声を上げにくい雰囲気もある中で、どんな想いで発信しているのか尋ねた。この質問に、水原は「必要だと思うことに関しては声を上げるようにしているけど、もしかしたら何も言わない方がマイルドになるんじゃないかと思ったこともあって」と複雑な想いを吐露。その上で、コメント欄で言い合いをする人たちを見る中で、より伝え方を考えるようになったと語った。

水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」対談で感じた魅力

 90分間、たっぷり語り合ったkemioと水原。収録後、水原は「kemioくんは新しいスターって感じだと思います。発信していることとかがすごいリアルで透明性があって、等身大で、今までにないというか。ソーシャルメディアから出てきた初めてのスターみたいな感じがすごいする」と、kemioが持つスター性を絶賛。さらに「あと、すごい元気になる」と付け加えた。

 水原の言葉に、kemioは「ありがとうございます」「嬉しい」とニッコリ。こうしてチャージしたパワーをもとに、kemioはこれからも多くの人々に元気と笑顔を届けていくのだろう。

水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」対談で感じた魅力

 次回の『MILLENNIAL /ミレニアル』は、ABEMAの人気恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演し、女優としても活動の幅を広げる、雑誌『Popteen』専属モデル・莉子に密着。6月17日(木)よる11時~放送される。

水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」
水原希子、kemioは「ソーシャルメディアから出てきた新しいスター」