大島康徳、腹水のため入院したことを報告「妻は病棟に入れない」
※大島康徳オフィシャルブログより

 がん闘病中の元プロ野球選手で野球解説者・大島康徳が3日に自身のアメブロを更新し、腹水治療のため入院したことを報告した。

 この日、大島は「入院することに なりました」と報告し、「部屋が確保できて ラッキーでした」と、窓越しに見える空の写真を公開。「まだ部屋に入ったばかりで バタバタしています。少しお時間をいただき 書類の記入を済ませ 先生からのご説明も 受けて 落ち着きましたら また改めて ご報告させて頂きます」と予告した。

 続けて更新したブログでは「今回の入院は 腹水の治療が目的です」と説明。「今日は、検査を行い 希望する治療が可能かどうか?先生にご判断いただき OK ならば 明日から始まります」と詳細をつづった。

 一方で「昼寝してました。気持ち良かったです」と穏やかに過ごしていることを明かし、「これは、病院近くの 緑地に咲いていた 紫陽花です」と、青や紫の紫陽花の写真を公開。「妻は病棟に入れないので 入院手続きを終えてから 一緒にベンチでコーヒーを 飲みました」と報告した。

 その後は「必要な買い物を コンビニで済ませ 荷物を一緒に エレベーターホールまで 運んでもらって バイバイ」と述べ、「ママちゃん お疲れさん!ありがとう」と妻に感謝の言葉を送った。

 これに対し読者からは「大島さんの望む治療ができますように」「良い方向にいくように祈っています」「ゆっくり休んでくださいね」「読者も一緒に見守ってますよ」などのコメントが多数寄せられている。

AV男優沢木和也の終活、遺しておきたいこと。
AV男優沢木和也の終活、遺しておきたいこと。
大島康徳『ご報告・入院』
大島康徳『ご報告・入院』
大島康徳オフィシャルブログ「この道」Powered by Ameba
大島康徳『腹水の治療』
大島康徳『腹水の治療』
大島康徳オフィシャルブログ「この道」Powered by Ameba