大島康徳、腹水治療で驚愕した理由「そりゃお腹ぱっつんぱっつんになるわ」
※大島康徳オフィシャルブログより

 がん闘病中の元プロ野球選手で野球解説者・大島康徳が5日に自身のアメブロを更新。腹水治療で驚愕した出来事をつづった。

 3日のブログで大島は「入院することに なりました」と報告。続けて更新したブログでは「今回の入院は 腹水の治療が目的です」と説明していた。

 この日は「どうやら抜いてもらった腹水 でっかいペットボトル1本分くらいは優にあったそうです」と治療後に医師から教えてもらった情報を説明。「でっかいペットボトルって2リットルですよね?」と問いかけ「驚きました。そりゃ重たいわ。そりゃお腹ぱっつんぱっつんになるわ」と納得した様子でコメントした。

 続けて「実はね私、勘違いしていまして」と述べ「利尿剤は4月の中頃から少量を飲み始めて5月からは、そこに新しい利尿剤も加わっていたのですが…私…その新しい薬を…見落として飲んでいなかった」と告白。「なんたること…反省しています」とコメントし「今は、ちゃんと飲んでいますよ」と報告した。

 最後に「これは、晩ごはん」と病院食を公開。「お腹も少し楽になったので食欲も早いこと戻るといいな、と思いますが 昨日の今日ですから まぁ…焦らず行きますわ!退院も近いでしょうし、ね」と前向きにつづり、ブログを締めくくった。

 この投稿に読者からは「治療おつかれさまでした」「焦らずゆっくり体力回復してください」「早く食欲戻りますように」などのコメントが寄せられている。

(著者:Ameba編集部)

DRAGON CHEF 2021 サバイバルラウンド
DRAGON CHEF 2021 サバイバルラウンド
大島康徳『でっかいペットボトル1本分の腹水』
大島康徳『でっかいペットボトル1本分の腹水』
大島康徳オフィシャルブログ「この道」Powered by Ameba