「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣…『隣恋』第6話
番組をみる »

 6月13日(日)夜10時~、ABEMAオリジナル恋愛番組『隣の恋は青く見える』#6が放送。復縁するか、別れるかの決断を2日後に控える中、お試し破局中のユウタとサヤカが本音をぶつけ合った。

▶動画:「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣

『隣の恋は青く見える』とは

「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣…『隣恋』第6話

 『隣の恋は青く見える』は、将来的に“結婚”を考えていたり、パートナーへの不満や悩みを抱えていたりする4組のカップルが、お互い同意の上で “お試し破局”を行い、フリーの状態で男女8名が1つ屋根の下10日間の共同生活を行う恋愛番組。共同生活の中で巻き起こる予測不可能な展開を経て、パートナーへの気持ちを再認識し、よりを戻すか、それとも新しい恋に進むのか?4組のカップルが決断を下すまでの様子を追いかけていく。

 現在の参加カップルは「人生プラン不一致カップル」のリョウスケ(ニックネーム:ロイ/27歳/地方創生・映像制作)&ハルナ(27歳/WEB制作・スクール運営)、「腐れ縁カップル」のユウタ(23歳/不動産営業)&サヤカ(23歳/アルバイト)、「歳の差レスカップル」のカーロ(35歳/会社経営・BAR経営)&イオナ(24歳/サプリ開発)の3組。「婚期すれ違いカップル」のユウスケ(32歳/物販ビジネス会社経営)&マキコ(35歳/インフルエンサー)は、第4話でリタイアを決断した。スタジオでは高橋メアリージュン・ユウ姉妹が、番組の進行役であるストーリーテラーを務める。

お互いに努力を誓ったものの、再び破局に気持ちが傾き…

 共同生活7日目の夜、ケンカ続きだったユウタとサヤカが、冷静に話し合いを行った。ユウタは自ら女性関係の問題に触れ、今後はサヤカが不安にならないよう、努力すると約束。サヤカも歩み寄る姿勢を見せ、最悪な状態から脱却したかのように見えた。しかし翌日、サヤカがユウタの“スイッチデート”の様子を動画で見たことで、再び暗雲が漂う展開となってしまったのだ。

 “スイッチデート”とは、元恋人以外の異性と出かけるイベントのことで、共同生活の前半に行われてきた。ユウタはデート中、女性メンバーにボディタッチをしたり、体を寄せ合って写真を撮ったりしており、それを見たサヤカは「嫌だ」「ムカつく」と涙目に。その日の夜、ユウタからデートの感想を問われると、サヤカは「努力したい気持ちもある」としつつ、「今後もユウタの女性関係に執着してしまうのではないか」という想いが強くなったと打ち明けた。

「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣…『隣恋』第6話

 そんなサヤカに、ユウタは「努力してお互いに変わるっていう中で、俺と付き合っていく悲しさと、別れますってなった時の悲しさはどっちが大きい?」と質問。サヤカは「正直半々」と率直に答え、続けて「努力というより、我慢に近いものになっちゃった時にどうせ爆発するじゃん。ユウタには目の前に目標がある。もし終わりの選択をした時には、ユウタ自身も楽になれるんじゃないかなと思う。お別れは悲しいけど」と、別れた方が良いという考えも念頭にあると打ち明けた。サヤカの目から、我慢していた涙がこぼれ落ちた。

「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣…『隣恋』第6話
「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣…『隣恋』第6話

 しかし、2人に別れ話が出たのはこれが初めてではない。これまでも離れてはくっついてを繰り返してきているのだ。ユウタが「頭ではわかってるじゃん。一緒にいない方がいいって。価値観合わないって。でもそれ以上に心が理解できない。頭ではわかっているけど、心で行動できないんだよ」と葛藤を口にすると、サヤカの目にますます涙があふれた。次回はいよいよ決断前日。苦悩するユウタとサヤカは、答えを出すことができるのだろうか?『隣の恋は青く見える』#7は、6月20日(日)夜10時~放送。

「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣
「一緒にいない方がいい」彼氏からの決定的な一言に彼女が号泣