モデル・女優として活躍する莉子(18)に密着した、ABEMAのオリジナルドキュメンタリー番組『MILLENNIAL /ミレニアル』が、6月17日(木)よる11時よりABEMAにて放送。専属モデルを務めてきた雑誌『Popteen』を卒業するにあたっての率直な心境が明かされている。

▶動画:莉子、卒業する『Popteen』最後の撮影で号泣…芽生えた新たな決意

 『MILLENNIAL /ミレニアル』は、2000年代以降に成人を迎えた、もしくは迎える世代である“ミレニアル世代”に特化した、ABEMA初となるオリジナルドキュメンタリー番組。さまざまな分野で活躍する“ミレニアル世代”の若者に密着し、彼らの等身大の姿を同世代の視聴者に向けて届けていく。

 今回の主人公は、雑誌『Popteen』の専属モデルとして活躍してきた莉子。ABEMAの人気恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演し、注目度が急上昇した。今ではSNSの総フォロワー数250万超えを誇り、「女子高生が好きなインフルエンサー」に2年連続で選ばれている。そんな莉子は今年の春、新たなスタートを切った。6月1日発売の7月号をもって『Popteen』モデルを卒業。4月から放送を開始したAbemaオリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』では主役を務め、マルチに活動の幅を広げている。

 15歳から始めた『Popteen』モデルを卒業する。それは、莉子にとって大きな決断だった。「Popteenって本当に学校みたいだから、いようと思ったらずっといちゃうような存在なんですよ。だから、そこにずっと頼るのも自分の中で違うなと思って。お仕事の面でも変わりたいなと思い始めたので、決断しましたね」。雑誌モデルから女優の道へ。大切なものを手放してでも、莉子は新たなステージに進むことを決めたのだ。

 そして迎えた、『Popteen』最後の撮影日。莉子は「悲しいです。こういう日が来るんだって思って」と寂しさをにじませ、現場へ向かった。机に積まれたバックナンバーのページを、感慨深げにめくる莉子。初めて雑誌に載った時、初めてピン表紙を飾った時…。莉子にとって、『Popteen』は自分のすべてだった。まもなく最後の撮影が始まるという中、莉子の中にはさまざまな感情が渦巻いていたことだろう。そしていよいよ、すべての撮影が終了。モデル仲間から「お疲れ様」と花束プレゼントされ、莉子の目に涙があふれた。

 高校生活と『Popteen』を卒業し、本格的に女優の仕事をスタートさせた今年の春。莉子は「やりたいことは全部やっていきたい」と意欲をみなぎらせる。今はまだ一歩を踏み出したばかり。しかし、その先に掲げる目標は大きい。これまで莉子は『Popteen』に入って来る多くの後輩を見てきた中で「すごい勢いあるな、世代が変わっていくんだな」と感じたことが何度もあったそうだ。今度は自分がそんな存在になりたいという莉子。「勢いのある子が来たなって思ってくれたら。そしたら自分で新しい時代を作れる人になれるかなと思います」と、その瞳に確かな意思を宿し、熱い想いを語っていた。

 『MILLENNIAL /ミレニアル』はABEMAビデオにて配信中。

莉子、卒業する『Popteen』最後の撮影で号泣…芽生えた新たな決意
ABEMA
莉子主演ドラマ『ブラックシンデレラ』全話
ABEMA
『月とオオカミちゃんには騙されない』(全話)
ABEMA