千鳥大悟がプロの指導 ネタを大改造されたウエストランド「こんなに漫才って楽しいんだ」
番組をみる »

 お笑いコンビ・ウエストランドの井口浩之と河本太が、ABEMAのバラエティ「チャンスの時間」に出演。番組MCを務めるお笑いコンビ・千鳥からのアドバイスを受けて、生まれ変わった新ネタを披露した。

【動画】千鳥大悟の手によって改造されたネタ

 6月23日に放送された「チャンスの時間」では、「M-1優勝請負人!ネタ見せ千鳥!」が実施された。漫才コンテスト「M-1グランプリ」にて、過去に4回の決勝進出を果たした千鳥が「M-1グランプリ2020」ファイナリストたちのネタにテコ入れをして、同コンテストの優勝へと導くという主旨の同企画。第3弾となる今回は、「M-1グランプリ2020」で9位に終わったウエストランドが登場した。

 ウエストランドのネタを見終わった大悟は「面と向かってこんなこと言うのも申し訳ないけど、今回は重症やね。このままやったら今年は2回戦(落ち)やろうな」と渋い顔を浮かべた。さらに、河本のポジションについても「ボケにするのか何にするのか、その辺をハッキリしてくれたら先生としても変えようがあるんだけども」と指摘。ウエストランドの2人の意見を聞いた大悟は「河本の仕事量をギュッと少なくして、しかも河本がちゃんと存在感を出せる漫才でいいですか?」と確認すると、さっそくネタの改良に取り掛かった。

千鳥大悟がプロの指導 ネタを大改造されたウエストランド「こんなに漫才って楽しいんだ」

 「仕事量は少ない方がいい」という河本の意思を尊重しつつ、「河本はしばらく登場しない」「井口がツッコまないことを河本が怒る」といった助言を与えていく大悟。ウエストランドの2人に全ての変更点を伝えた大悟は「今までの『M-1グランプリ』でこんな大ボケかました芸人いないんじゃないかな」と自信をのぞかせた。

 改良されたネタを確認したノブと大悟が「河本のツッコミも良かったよ」「お前あっちもイケんねんな」と河本の意外なポテンシャルを褒めると、河本からは「いま養成所に通ってるから声が多分出てる」と衝撃的な事実が飛び出した。相方の井口が「声があまりにも出てないので、M-1ファイナリスト史上初の養成所生になったんです」と衝撃告白の真相を説明する隣で、河本は「こんなに漫才って楽しいんだって思いましたね」とニッコリ。漫才を楽しむことを覚えた河本に、ノブは「うちのドラゴン桜すごいでしょ?」と大悟の偉業を自慢げに語っていた。

(ABEMA/チャンスの時間より)

後輩芸人が感動
後輩芸人が感動
千鳥が不祥事を起こしたら…
千鳥が不祥事を起こしたら…
女芸人、まさかの理由で借金苦
女芸人、まさかの理由で借金苦