6月22日(火)よる10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo』(通称『恋ステ』)#11が放送され、延長戦の末にカップル成立となった、のあ(高3/大阪府出身)とたいしゅう(高3/大分県出身)がスタジオに登場。のあを巡り恋のライバルだったさむ(高3/神奈川県出身)への交際報告について、たいしゅうが率直な心境を明かした。

のあとカップル成立のたいしゅう、ライバルだったさむへの報告は「気まずいっす」『恋ステ 2021春 Tokyo』#11
番組をみる »

【動画】のあとカップル成立のたいしゅう、ライバルだったさむへの報告は「気まずいっす」

 『恋ステ 2021春 Tokyo』では、遠く離れた街に住む高校生たちが3週間、週末に東京で共同生活を送り、その中で生まれる恋模様を追ってきた。最終告白でのあは、3人の男子から想いを告げられたが、誰とも付き合わないという決断を下した。しかし、のあはその後もたいしゅうのことが頭から離れず、「もう1度だけ会ってくれますか?」と手紙を送付。告白から約2ヶ月後の週末にもう1度デートを行い、カップル成立となった。スタジオでは、ゆいPおかずクラブ)と工藤大輝Da-iCE)、莉子の3人がMCを担当。さらに、過去にシーズンMCを務めた、藤原樹長谷川慎(共にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE)をゲストに迎えた。

「呼び方は?」「どこが好き?」のあ&たいしゅうが次々回答!

のあとカップル成立のたいしゅう、ライバルだったさむへの報告は「気まずいっす」『恋ステ 2021春 Tokyo』#11

 「おめでとう」とMCから拍手で迎えられ、スタジオに登場した、のあとたいしゅう。ゆいPから「毎日連絡はしてる?」と聞かれると、のあは「毎日寝落ち電話しています」と答え、頬を赤らめた。さらに、たいしゅうは「のあちゃん」、のあは「たいしゅう」とそれぞれ呼んでいると報告。基本的にたいしゅうは「ちゃん」付けだが、たまに「のあ」と呼び捨てにすることがあるそうだ。

 「どこら辺が良かったの?」と問われると、たいしゅうは「やっぱり顔がかわいかったっすね」と正直に回答。ゆいPから「マジでいいよ。素晴らしい。そうだと思うよ」と称賛する声が上がった。

のあとカップル成立のたいしゅう、ライバルだったさむへの報告は「気まずいっす」『恋ステ 2021春 Tokyo』#11

 ラブラブな様子を披露してくれた2人だったが、ゆいPが「さむに言った?」と尋ねると、たいしゅうは「気まずいっす」と苦笑い。収録日の時点では、まださむへの報告はしていなかったそう。ゆいPが「報告したいですか?」と聞くと、のあとたいしゅうは「したいです」と口をそろえていた。

[最新]恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo - 本編 - 11話
[最新]恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo - 本編 - 11話