ナダル、ひろゆきにディベート対決で勝利!陰口は「バラす行動をした奴が悪い」と主張

 22日、ABEMAとテレビ朝日が共同制作する新バラエティー枠『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』(以下『ネオバズ!』)にて『マッドマックスTV』の第9回が放送。またそれに伴い、ABEMAプレミアム限定で地上波では入りきらなかった、ひろゆき VS ナダルの“ひろゆき論破シリーズ”の模様を配信。このディベートではコロコロチキチキペッパーズのナダルがひろゆきに勝利する一部始終が収められている。

▶見逃し配信中:ナダル、ひろゆきとディベート対決!『マッドマックスTV』#9

 今回のテーマは『陰口を言うのはアリ?ナシ?』。アリ派のナダルは「悪口言われて傷つく人はいると思う。でもそれは目に見える形であったり、本人に(悪口が)届いた場合。(陰口は)届かなかったらいいんじゃないか」とコメント。一方ナシ派のひろゆきは「陰口が本人に伝わった例ってどれくらいあります?」と質問。するとナダルは「ほとんど伝わっています。でもそれをバラす行動をした奴が悪い」と持論を展開。ひろゆきは「要するに陰口が本人に伝わってしまう、悪口になると良くないと。でも陰口が陰口のままでいることはほとんどなくて、悪口となっているのであれば、陰口=悪口になっちゃうんじゃないですか?」と疑問を呈する。するとナダルは「陰口を(本人に)伝えることをやめさせるのが優先」と主張した。

ナダル、ひろゆきにディベート対決で勝利!陰口は「バラす行動をした奴が悪い」と主張

 ひろゆきは「陰口を陰口のまま、ちゃんと守れる人を見抜ける?」とナダルに聞くと、「そうですね」とコメント。するとひろゆきは「じゃあ相方(コロコロチキチキペッパーズの西野創人)クビにしません?」と提言。またひろゆきは「ナダルさんが陰口を言っていたところを撮影されていて、実は目の目に本人いました、みたいな企画で事務所と一緒に売り上げ上げているじゃないですか? 所属事務所辞めたらどうです?」と鋭く切り込んだ。

ナダル、ひろゆきにディベート対決で勝利!陰口は「バラす行動をした奴が悪い」と主張

 だがナダルも黙っておらず、「陰口を言って明日の活力にしようとしている人もいっぱいいる」と主張。これに対しひろゆきは「“陰口のままでいい”というのは理想論でそれは無理」とコメントした。

ナダル、ひろゆきにディベート対決で勝利!陰口は「バラす行動をした奴が悪い」と主張

 そして時間が終了し、3名の審査員によるジャッジはひろゆき1票、ナダル2票でまさかの後者の勝利。ナダルは思わず「よっしゃー!」とガッツポーズを見せるも、「マジで何でやろ?」と不思議そうな表情を見せた。ナダル票を入れた審査員は「議論だけで見れば圧倒的にひろゆきさんが押していた」と話すも、ひろゆきがある瞬間、ボロを出していたことを指摘。

ナダル、ひろゆきにディベート対決で勝利!陰口は「バラす行動をした奴が悪い」と主張

 この結果を受けひろゆきは「定義としてはアリだけど、実質無理という話をしたつもりだった。けど審査員の人に理解されていなかった。次からは審査員の人がわかるように説明してみようと思いました」とコメント。するとスタジオメンバーからは「うわぁ~!」という絶叫が上がり、ナダルも「エグい負け惜しみ」とポツリ。また今回の対決を見届けていたさらば青春の光の森田哲矢は「改めてナダルって陰口を悪口にして、お金稼いでんねんなと思いました」と感想を述べた。

【ABEMA限定】ひろゆきvsナダル 陰口はあり?なし?
【ABEMA限定】ひろゆきvsナダル 陰口はあり?なし?
ABEMA
愛情とお金どちらが大切?ナダル、ひろゆき論破に挑戦
愛情とお金どちらが大切?ナダル、ひろゆき論破に挑戦
ABEMA
西野の苦労をよそにナダルが大暴走
西野の苦労をよそにナダルが大暴走
ABEMA