27歳美人彼女「私が飽き性なタイプだから…」カップルの悩みを仲間に告白、そのとき彼氏は?『隣恋』最終回
番組をみる »

 6月27日(日)夜10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『隣の恋は青く見える』の最終回が放送。決断前夜、リョウスケ(ロイ)とお試し破局中のハルナが、悩みをメンバーに打ち明ける場面があった。

▶動画:27歳美人彼女「私が飽き性だから…」カップルの悩みを仲間に告白

『隣の恋は青く見える』とは

27歳美人彼女「私が飽き性なタイプだから…」カップルの悩みを仲間に告白、そのとき彼氏は?『隣恋』最終回

 『隣の恋は青く見える』は、将来的に“結婚”を考えていたり、パートナーへの不満や悩みを抱えていたりする4組のカップルが、お互い同意の上で “お試し破局”を行い、フリーの状態で男女8名が1つ屋根の下10日間の共同生活を行う恋愛番組。共同生活の中で巻き起こる予測不可能な展開を経て、パートナーへの気持ちを再認識し、よりを戻すか、それとも新しい恋に進むのか?4組のカップルが決断を下すまでの様子を追いかけていく。

 現在の参加カップルは「人生プラン不一致カップル」のリョウスケ(ニックネーム:ロイ/27歳/地方創生・映像制作)&ハルナ(27歳/WEB制作・スクール運営)、「腐れ縁カップル」のユウタ(23歳/不動産営業)&サヤカ(23歳/アルバイト)、「歳の差レスカップル」のカーロ(35歳/会社経営・BAR経営)&イオナ(24歳/サプリ開発)の3組。「婚期すれ違いカップル」のユウスケ(32歳/物販ビジネス会社経営)&マキコ(35歳/インフルエンサー)は、第4話でリタイアを決断した。スタジオでは高橋メアリージュン・ユウ姉妹が、番組の進行役であるストーリーテラーを務める。

決断前夜、ハルナが打ち明けた悩み

 沖縄県宮古島の別荘で過ごす最後の夜。夕食時、リョウスケとハルナの課題点が話題に上がった。2人が何に対して悩んでいるのか、知らないメンバーも多かったようだ。初めにハルナは「価値観の違い」と「結婚のフェーズの違い」を挙げ、続けて自身の恋愛傾向も課題になっていることを説明。「飽き性なタイプだから、このままだと気持ちが落ち着いてくる。それを食い止めたい」と語りつつ、「私も努力が足りていない部分があった」と反省を口にした。

27歳美人彼女「私が飽き性なタイプだから…」カップルの悩みを仲間に告白、そのとき彼氏は?『隣恋』最終回

 もちろんその場には、リョウスケの姿もあった。料理を口に運びながら、ハルナの言葉に時折うなずいていたリョウスケ。ハルナが話し終わった後には、神妙な面持ちで一点を見つめる場面もあった。この日、2人はじっくり話し合いを行ったが、結婚の時期に関する問題は平行線をたどり、解決に至らなかった。復縁か、それとも別れか。人生プランの不一致に悩む、リョウスケとハルナが下した決断とは?続きはABEMAビデオで配信中。

27歳美人彼女「私が飽き性だから…」カップルの悩みを仲間に告白
27歳美人彼女「私が飽き性だから…」カップルの悩みを仲間に告白