大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】
番組をみる »

 6月27日(日)夜10時~、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『隣の恋は青く見える』の最終回が放送。人生プランの不一致に悩むリョウスケ(ロイ)とハルナが、10日間の“お試し破局”を終え、復縁するか別れるか、決断を下した。(以下ネタバレあり)

▶動画:大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した決断

『隣の恋は青く見える』とは

大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】

 『隣の恋は青く見える』は、将来的に“結婚”を考えていたり、パートナーへの不満や悩みを抱えていたりする4組のカップルが、お互い同意の上で “お試し破局”を行い、フリーの状態で男女8名が1つ屋根の下10日間の共同生活を行う恋愛番組。共同生活の中で巻き起こる予測不可能な展開を経て、パートナーへの気持ちを再認識し、よりを戻すか、それとも新しい恋に進むのか?4組のカップルが決断を下すまでの様子を追いかけていく。

 現在の参加カップルは「人生プラン不一致カップル」のリョウスケ(ニックネーム:ロイ/27歳/地方創生・映像制作)&ハルナ(27歳/WEB制作・スクール運営)、「腐れ縁カップル」のユウタ(23歳/不動産営業)&サヤカ(23歳/アルバイト)、「歳の差レスカップル」のカーロ(35歳/会社経営・BAR経営)&イオナ(24歳/サプリ開発)の3組。「婚期すれ違いカップル」のユウスケ(32歳/物販ビジネス会社経営)&マキコ(35歳/インフルエンサー)は、第4話でリタイアを決断した。スタジオでは高橋メアリージュン・ユウ姉妹が、番組の進行役であるストーリーテラーを務める。

リョウスケ「僕の未来にはハルナしかいないなと思いました」

 目標を高く掲げ、仕事に励むバリキャリ女子のハルナ。仕事を頑張ることだけが幸せではないと考えるリョウスケ。共同生活10日目、価値観や希望する結婚の時期が異なる2人が、ついに1つの答えを出した。リョウスケはこの10日間、ハルナとじっくり向き合う中で「将来に対する不安をすごく感じてしまう部分が多かった」と正直な気持ちを吐露。さらに「好きだけじゃやっていけない部分がどうしてもあるかなと思っています」との考えも明かした。しかし、その後リョウスケは涙を流しながら、昨晩考え抜いた末にたどり着いた答えを、こう告げた。「ハルナのことはすごくすごく大好き」「僕の未来にはハルナしかいないなと思いました」。本当に幸せになれるのか、不安もあったという。だがそれでも、ハルナと一緒にいたいという気持ちの方が「圧倒的に大きかった」とリョウスケは語った。

大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】
大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】

 10日間の共同生活を通して、リョウスケが固めた決意。それは「自分がハルナを幸せにする」ということだった。最後にリョウスケは「今までいろんな言葉をハルナに伝えてきたけど、伝えていなかったものがあるなと思って、今伝えます。これからずっとハルナのことを1番幸せにするので、また僕と一緒に人生を歩んでください。お願いします」と涙ながらに頭を下げた。

大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】

 次はハルナが答えを告げる番だ。自分の恋愛傾向として、飽き性な部分があるというハルナ。リョウスケに対する気持ちが落ち着きつつある中、この番組に参加し、気づいたことがあったという。ハルナは、リョウスケが他の女性に優しく接しているところを見ても、嫉妬心を抱かなかったそうだ。むしろ「気を使えて何て良い人なんだろう」と、ポジティブな感情が湧いてきたのだそう。ハルナはその理由について「お互いがヤキモチを妬かないということは、信頼関係が成り立っているから」だと分析した。昨日、リョウスケとハルナはじっくり話し合い、関係性を良くしていくために、お互いに努力することを誓った。ハルナはその際、自分自身の努力不足を痛感すると同時に「改めてこの関係を大切にしたいとめちゃめちゃ思えて」と、リョウスケへの想いを再確認したことを告白。「改めてめっちゃ好きやなって思って。だから私も戻りたいです」と、復縁を希望した。

大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】
大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】

 こうしてリョウスケとハルナは、再びカップルとして歩んでいくことに。リョウスケは「戻っておいで」と手を差し出し、ハルナを抱き寄せた。ハルナは号泣するリョウスケの涙を拭い、「ロイくんのイケメンがかわいくなってる」と愛おしそうに微笑んだ。

 その後のインタビューでリョウスケは「いろんな未来の選択肢を考えた時に、ハルナがいない未来はないなと思ったんですね。その時に僕がハルナを幸せにする決意ができました」と清々しい表情でコメント。一方のハルナは、「好きだけじゃやっていけない」というリョウスケの発言に触れ、「私は愛さえあえば何でもできるという考え方」と語った。復縁を選んだ2人だが、結婚を巡る考えの違いについて、はっきり結論が出たわけではない。しかし、この旅を通してリョウスケへの愛を再確認したことで、「愛情さえあれば何とでもできる」という確かな自信が、ハルナの中で芽生えたようだ。ハルナは穏やかな笑みを浮かべ、「2人で歩んでいけそう」と、リョウスケとの未来に想いを馳せていた。

大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】
大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した涙の決断「好きだけではやっていけない」『隣恋』最終回【ネタバレあり】

 ABEAMプレミアムではこの後の2人の様子をお届け!久しぶりに再会したメンバーたち、そこでまさかの衝撃の事実が判明?続きはABEMAプレミアムで配信している。

大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した決断
大きな価値観の違いが障害に…ハルナ&リョウスケが下した決断