三石琴乃、山口由里子へ「ありがとう」『シン・エヴァ』6月27日舞台挨拶に坂本真綾ら9名の声優が登壇
番組をみる »

 6月27日(日)、新宿バルト9での『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333』+『シン・エヴァンゲリオン劇場版』連結上映にて、声優9名が登壇する舞台挨拶が行われた。登壇した声優は坂本真綾三石琴乃、山口由里子、関智一岩永哲哉、岩男潤子、長沢美樹、沢城みゆき、勝里。

【動画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

 9名が登壇し、挨拶の後、まずは舞台挨拶初登場となる坂本、関、沢城のトークから始まった。『エヴァ』のLINEグループで以前の舞台挨拶の集合写真を見て羨ましかったという坂本は、今回の登壇を喜んだ。

 続いて『Q』からの出演となった勝・沢城のトークへ。オーディション時の思い出の話となり、沢城は鶴巻監督に絵コンテから膨大な情報を読み解いて説明してもらった、という印象的なエピソードを語った。

 マリの話題となり、「マリって謎が多いキャラなんですね」と語り出す坂本。「(マリの設定について)庵野さんに聞いた話で、話してないことがいっぱいある」という話で盛り上がり、「次行ってみようか、をいかりや長介風に言って」というアフレコ時の秘蔵エピソードを披露した。

 三石は、『破』と『Q』までの間の話を庵野総監督に聞くも固まってない部分が多そう、と感じ、空白の時間を想像しながら演技を固めていった、と話した。続いての山口は「どれだけ重いの」という第一印象を語り、アフレコ後に現実に戻れずトイレで泣いて帰った、という衝撃のエピソードを披露。長沢も14年の間のマヤの変化を聞くも、「何があったんだろうね」と庵野総監督にはぐらかされてしまったと続いた。

 話題は『シン・エヴァ』に移り、MCの「トウジさんヒカリさんご結婚おめでとうございます」に沸く一同。岩尾と関はそれぞれのキャラの幸せを語り、関が「僕たち幸せだね」と結んだ。またケンスケは「人と人をつなぐキャラ」と語る岩永。ミサトへ送られたシンジとリョウジの写真についての思いを熱弁した。

 その後坂本が、収録がアスカ役の宮村優子と同じアフレコだったという話を披露。「役と声優さんが深くつながっているのを見て感動した」と語り、その空気を感じながら演じられてよかったと結んだ。続く沢城はサクラが「家族の写真が心の支えになっていたんじゃないか」と話すと、関がその写真に書かれていたメッセージが自筆であることを披露、他の手書きメッセージもそれぞれのキャラのキャストが書いていることを語った。

 三石は「艦長として(声を)張るセリフが多かったので、もっと人と語るシーンがやりたいな」と思っていたところ、『シン・エヴァ』でそれが叶って満足したとのこと。なお、ミサトが艦長になった際に「これは艦(ふね)とともにいくな」と感じたそうだ。それを受けて「(私もリツコも)ミサトが大好き」と話す山口。命を懸けてミサトをサポートしていたリツコの思いの強さを語ると、三石は温かく「ありがとう」と返した。

 続いて話題は入場者特典の冊子とミニポスターへ。表紙イラストに「(ミサトからシンジへの)任せたよ」という思いを感じたと三石が語り、岩尾はヒカリのパジャマと同じパジャマを着たツバメの姿を見て涙が止まらなかったと話した。

 最後にシンジ役・緒方恵美からのメッセージをMCが代読。『Q』はいまだかつてないヘビーさを背負った作品だったという思いを披露し、観賞したみなさんの感想をぜひ聞きたい、と結び、舞台挨拶を終えた。

三石琴乃、山口由里子へ「ありがとう」『シン・エヴァ』6月27日舞台挨拶に坂本真綾ら9名の声優が登壇
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q