6月26日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.9が放送され、既読をつけない男子の心理についてスタジオメンバーが意見を交わし、注目が集まった。

「既読」をつけない男の真意とは?『ドラ恋』小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る
番組をみる »

【動画】「既読」をつけない男の真意とは?小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

「既読」をつけない男の真意とは?『ドラ恋』小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

LINEの返信をしないケイスケ その真意は?スタジオメンバーが予想

「既読」をつけない男の真意とは?『ドラ恋』小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る

 ドラマ第5話のオーディションを前に同棲ハウスに入居することになったのは、ケイスケ&りおんのペア。第一印象からケイスケに思いを寄せ続け、告白オーディションでもケイスケに思いを伝えたアユリは、この状況に気が気でない様子。ケイスケが同棲ハウスで過ごす夜に、「ケイスケに主演とって欲しい気持ちはすごくあるけど、キスシーン見たくないから、私も本気で頑張るよ!」とLINEを送った。

「既読」をつけない男の真意とは?『ドラ恋』小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る

 しかし、翌朝になってもケイスケからは返信どころか既読すらつかず。落ち込むアユリに、「駆け引き?」「集中してるんちゃうん?」「マナーモードにしてたら聞こえへん可能性も高いし」とみやびとあつきが励ましの声をかけていた。

「既読」をつけない男の真意とは?『ドラ恋』小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る

 そんなリアルな男女のLINE事情に、スタジオメンバーも話し合い。「男はやっぱり未読にしがちなんだね」とあ~ちゃんが話すと、福徳&小森のスタジオ男性は、「未読が一番平和と思ってます」「アクションを起こしてないんですよ」「携帯触ってないっていう設定だから(笑)」と主張。谷が「アラームかけるときみるって」「めちゃくちゃ好きだったら返すでしょ?」とツッコむも、小森は「めちゃくちゃ好きじゃないのよ(未読にしてる)」と男目線でケイスケの気持ちを代弁し、女性陣はたじたじだった。

「既読」をつけない男の真意とは?『ドラ恋』小森隼&ジャルジャル福徳が「未読LINE」の理由を語る

 その後のオーディションでは、アユリもケイスケもそれぞれ主役を獲るために渾身の演技。果たして主役に選ばれたのは…?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.9はABEMAビデオで配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA