6月26日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.9が放送され、初めて主役に選ばれ歓喜する俳優に注目が集まった。

ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9
番組をみる »

【動画】ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

ケイスケ、念願の主演獲得で号泣

 オーディション前夜に同棲ハウスで二人きりで過ごしたことで距離を縮め、芝居にもさらに気合いが入ったりおん&ケイスケのペア。

ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 好きな人への思いをかき消すために、体だけの関係であるケイスケにキスをせがむシーンでは、「樫尾さんのこと忘れさせて…」「だからキスして…」と馬乗りになるりおんをケイスケがガバッと押し倒し、ゆっくりと優しいキス。その後は、二人とも何かが吹っ切れたように吐息を漏らしながら激しいキスを繰り返した。

ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 セクシーなキスシーンにはスタジオも大絶賛。演技指導の澤田育子先生からも、「ケイスケさん、こういうドラマのいろんな展開をもっていける技術があるし、うまいなと思いました」「純粋にりおんさんから出てくるその役の表現の仕方というのが、ご自身からものすごく出てきている感じがして、非常によかった」と高評価を受け、やす&アユリのペアと最後まで迷った上で、ケイスケ&りおんが主役に選ばれた。

 やっと主役を獲ることができたケイスケは、その場で号泣。インタビューでも「嬉しい…!やっと獲れた…」と声をかすらせて歓喜し、「やっぱりりおんのおかげ。一緒に時間共有して。そこに尽きますね」とりおんへの感謝の思いを語った。

 ケイスケ&りおんはどんなベッドシーン、そしてキスシーンを演じるのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.9は、ABEMAビデオで配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA