6月26日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.9が放送され、好きな人のベッドシーンを見て闘志を燃やす女優に注目が集まった。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9
番組をみる »

【動画】好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

主演はケイスケ&りおんに…アユリは嫉妬爆発

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 ドラマ第5話のペア決めで意中のケイスケをりおんに取られてしまった上に、二人に同棲ハウスにまで行かれてしまったアユリは、その日の夜にケイスケに「ケイスケに主演とって欲しい気持ちはすごくあるけど、キスシーン見たくないから、私も本気で頑張るよ!」とLINE。しかし、ケイスケからは未読がつかないままオーディションの時間を迎えてしまった。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 落ち込むアユリに、さらに追い討ちをかけるような出来事が。稽古場に入ってきたケイスケは、昨日まで金色だった髪の毛を真っ黒に染めていたのだ。

 周りのメンバーもざわつく中、ケイスケは「りおんに染めてもらった。風呂場で」とサラッと発言。アユリはまさかの展開に複雑そうな表情を浮かべ、唖然としていた。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 その後、ケイスケがりおんとキスをすることを阻止するためにもアユリは渾身の演技でオーディションに挑む。だが、最終候補まで残るも主役には選ばれず。ケイスケ&りおんが主役になってしまった。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 この結果に、ペアのやすが心配すると、アユリは、「悔しいけど、もう全然」「(先生が)一番いいって言ってたよ、今までで」とやすが先生に褒められたことを称賛。しかし、インタビューになると「悔しい、めっちゃ悔しい」と感情をあらわにし、「りおんに負けたくない」と嫉妬を爆発させた。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 こうして迎えたドラマ撮影では、仲睦まじい様子のケイスケ&りおんにモニタールームで見守るアユリは思わず「やめてくれ…」とポツリ。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 りおんがケイスケに「この台本さ、自分の実際の気持ちとさ、すごくリンクしてるところがあるのね。あっくんの存在も自分の中で全くなくなったわけでもなくて、だけど、きっと同じくらいケイスケくんも私の中にいて。そんな状態でケイスケくんのことを見てるのも、すごくケイスケくんに申し訳ないと思って」と話す姿を見て、ほかのメンバーが「複雑やな。これでケイスケが(りおんを)好きになってもその後ろにはあっくんがいるって考えなあかんの?」というと、「だとしたらもう絶対譲りたくないんだけど」とさらに闘志を燃やした。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 そして、激しいキスのあるベッドシーンの撮影を見届けると、ゆっくりと目を瞑り、心を落ち着かせるアユリ。インタビューでは、「正直、めっちゃムカつきました」と苦笑い。「キスシーン終わって、ベッドシーン終わって、りおんがもしかしたらケイスケ(のことを好き)になるかもしれないし、ケイスケもりおんになるかもしれないし。それは、正々堂々とケイスケの取り合いですね。倍返しにしてやりたいですよね」と宣戦布告した。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 シェアハウスに帰宅後、アユリはケイスケに前日に作っておいたプリンを手紙付きで用意。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 深夜に帰宅したケイスケは、りおんに気づかれる前にアユリからの手紙をさっとポケットに隠すと、りおんをさりげなく部屋へ帰し、ひとりでプリンの前に着席。再び手紙をプリンの上に乗せると、写真を撮り「これは反則だな」とつぶやいた。

好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 ケイスケはりおんとアユリのどちらに気持ちが向いているのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.10は7月3日23時~の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA