6月26日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.9が放送され、ベッド上でのキスシーンを経て気持ちに変化が表れた女優に注目が集まった。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9
番組をみる »

【動画】りおん、ケイスケとのキスシーンを経て心境に変化

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

りおん、あつきへの想いを抱えながらケイスケとドラマ撮影へ

 ケイスケが一人だけまだ主演を獲っていないことで、いつも以上に気合いが入っていたケイスケ&りおんのペアは、オーディションで渾身の演技。セクシーなベッドシーンを演じたことで、アユリ&やすのペアと最後まで迷ったのち、主役に選ばれた。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 はじめての主演にその場で号泣するケイスケ。一方りおんは、「これでケイスケくんが主役とれなかったら自分にも責任があるから絶対とりたいって思ってたし、どのオーディションより結果が一番怖かったです」と主役に選ばれたことに安堵した上で、「でも(ドラマの中で思いを寄せている設定にした)“樫尾さん”のおかげでもあるんですよね。わたしがこれだけ感情が入れたのは」と、役を通してあつきへの想いを改めて自覚した様子だった。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 その後、ドラマ撮影にはいったケイスケ&りおんは、緊張するシーンながらも笑いがこぼれる楽しげな雰囲気でリハーサルを進める。しかし、「どれだけ木田くんとキスしても、わたしの心は樫尾さんのものだもん」というセリフのシーンで自身の気持ちとリンクしたりおんは思わず涙。

 「これから大事なシーン撮るのに言うことじゃないかも知れないけど、この台本さ、自分の実際の気持ちとさ、すごくリンクしてるところがあるのね。あっくんの存在も自分の中で全くなくなったわけでもなくて、だけど、きっと同じくらいケイスケくんも私の中にいて。そんな状態でケイスケくんのことを見てるのも、すごくケイスケくんに申し訳ないと思って」とケイスケへ複雑な胸の内を明かした。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 すると、ケイスケは「むしろ台本とリンクしてて燃えるじゃん、こっちも」「そんなこと考えなくて大丈夫だよ全然」「謝んない謝んない」とりおんの頭を撫でてにっこり。

 キスシーン撮影の直前には、「さっきはありがとうね、全部伝えてくれて」と感謝した上で、「りおんは変な責任感じないで。大丈夫、りおんだけじゃない。俺も全部さらけ出すから。そしたら絶対良い作品になるから、がんばろう」と声をかけた。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 そしてドラマ撮影本番では、“樫尾さん”への思いを消したいりおんがケイスケにキスをせがみ、二人はキス。悲しくも、音を立てた激しいキスを繰り返した。

他の男性を想いながら身体を重ね…切ないキスシーンを経て恋心に変化『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9

 撮影後のインタビューでりおんは、「自分が誰に気持ちが向いてるのか、いやでも自覚させられた」「あっくんへの気持ちは終わった」とキスをしたことで気持ちに変化があったことを告白。「(自分の中に)ケイスケくんがいっぱいいる」とケイスケへの思いが確かになったことを明かした上で、「きっとアユリも思い続けるだろうから、私は私のままでいく。別に譲るとかはないかな」とライバルのアユリに宣戦布告した。

 ケイスケをめぐる三角関係はどうなっていくのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.10は、7月3日23時~の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 - 9話 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 - 9話 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9 【ABEMA TIMES】
ケイスケ、初主演獲得で号泣「りおんのおかげ」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES
好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9 【ABEMA TIMES】
好きな人のキスシーン相手に嫉妬し涙「悔しい」「倍返しにしてやりたい」『ドラ恋~KISS or kiss~』act.9 【ABEMA TIMES】
ABEMA TIMES