的場浩司、10年ぐらい続いている症状を告白「グリングリン回されてる感じ」
※的場浩司オフィシャルブログより

 俳優の的場浩司が29日に自身のアメブロを更新。10年ぐらい続いているという症状を告白した。

 この日、的場は「ここんとこ色々と不調だ」と述べ、「右肘の靭帯は快復にはまだ遠い…暇さえありゃ整骨院に通ってる」と説明。「右肩の筋はガチガチ… 極めつけは毎年この時期になると『めまい』が起きる」と明かし、「1~2週間で治るんだけどさ… 10年くらい続いてる…今回はひどかった」と悩んでいる様子でつづった。

 続けて「低気圧が接近してたから…立ってる状態から座ったり寝転んだりすると… 頭を掴まれてグリングリン回されてる感じ」と症状を説明。「低気圧の影響とストレス」が原因だそうで「整骨院の先生が治してくれた」と明かした。

 最後に「『コロナワクチン』の接種券が届きました」と報告。「とっとと打ちに行ってきます… 周囲の人に少しでも安心してもらえるように」と早めに接種する予定であることを明かした。

(著者:Ameba編集部)

これぞ生きる力! コロナ禍をチャンスに変えた芸人たち
これぞ生きる力! コロナ禍をチャンスに変えた芸人たち
的場浩司『その女…』
的場浩司『その女…』
的場浩司オフィシャルブログ Powered by Ameba