7月3日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.10が放送され、女優の久保乃々花を巡る三角関係に注目が集まった。

わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

【動画】わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

やく&やすから「指名」宣言 思わずニヤけるののか

 最後の台本、ドラマ第6話のオーディションは個人戦。オーディションの相手役は、その場でアトランダムで選ばれるが、同棲ハウスに入居したふたりだけは一緒にオーディションを受けることができる。そして、主役を勝ち取ったメンバーがドラマでの相手役を指名することができるというルールだ。

わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 ののかに好意を寄せているやすは、二人きりになると、「ののかが主演になって選べる立場になったら誰選ぶか正直分かってる。わっくんが主演獲って選ぶ人もわかってるけど、俺は明日もし主演獲れたらののか指名したいと思ってる」と、ののかとわくが両思いであることを分かっていながらも、ののかを指名すると宣言。

わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 ののかは一直線にアピールをし続けてくるやすに思わず頬が緩み、にっこり。「もし指名してくれるなら、わたしからしたらすごく嬉しいこと」と言い、やすも「じゃあ遠慮なくいくわ!」と意気込んだ。

わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 その後、ののかは中間告白を経て気持ちを確かめ合ったわくとも2ショットに。わくからも、「俺はもう一回ののかと主演が獲りたいから。だから俺が獲る。俺が獲ってもう一回主演をやるっていうのが今の目標。ずっと想いは変わらないから」とアピールされると、思わずニヤけた。

わく&やすから“指名”宣言で思わずニッコリ モテ女子・ののかの本音は?『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 主役を獲ってののかとキスシーンを演じるのは、やすか、わくか?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.11は、7月10日(土)23時~の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 (恋愛番組) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
ABEMA