7月3日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.10が放送され、同棲ハウスで起こった前代未聞の事件に注目が集まった。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

【動画】女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

ケイスケ、アユリに同棲ハウスに誘われ「断るなんてことはありえないっすよ」

 最後の台本、ドラマ第6話のオーディションは個人戦。オーディションの相手役は、その場でアトランダムで選ばれるが、同棲ハウスに入居したふたりだけは一緒にオーディションを受けることができる。そして、主役を勝ち取ったメンバーがドラマでの相手役を指名することができるというルールだ。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 同棲ハウスに入居する条件は、「まだ同棲ハウスに入居したことがない方」とのことで、アユリとわくが候補に。アユリは立候補し、一緒に入居する相手を自ら誘うこととなった。

 シェアハウスに戻ってからアユリが同棲ハウスに誘ったのは、第一印象から一途に想いを寄せてきたケイスケ。これまで大胆アピールを続けてきたアユリは、「お察しかもしれませんが、同棲ハウスにいきたいなと思ってて」と照れ笑い。ケイスケは「行きましょう!」と即答し、「断るなんてことはありえないっすよ」とつぶやいた。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

アユリ、“秘密の課題”でケイスケにキスをおねだり

 こうして同棲ハウスにやってきたアユリ&ケイスケ。アユリははじめての同棲ハウスに「ここはやばい」「エロくない?」「やばいよね、これ寝れないわ」と興奮を隠せない様子。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 台本を読み込み、セリフ合わせをしたりと自然な雰囲気を醸しだすが、ケイスケがお風呂にいくと、なにかを考えながらゴクゴクとお酒を口に運んだ。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 その後、「ベッドの上で恋人にされたらキュンとすることをお互いにしてください」という同棲ハウス恒例の『秘密の課題』が出現すると、ケイスケは「(キュンとすることを)言う方が恥ずかしい」と照れながらも、「“おやすみ”ってほっぺにチューされるとかで」とお願い。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 一方、アユリは「私がキュンとすることは“キス”です」と爆弾発言。ケイスケが「いやいやいや…(主役を)勝ち取っての…(ドラマでの“キス”じゃないの?)」と返すと、「アユリは役作りだと思ってるけどね」と、ドラマの設定から辻褄を合わせておねだりを続けた。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 アユリの大胆すぎるアピールに、ケイスケは「ルール上、主演とってのキスっていうのが俺たちが課せられたルールじゃん…?」「かっこつけてるわけじゃないけど、それは明日カメラの前ではじめてやりたいじゃん」と必死に言い訳。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 しかし、お酒も入りほろ酔いのアユリは「(ほかにキュンとすることは)ないな~。キスだなぁ」と言いながらベッドにごろん。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 ケイスケはタジタジになりながらも、「い…いいけどぉ」「全然やりますよ、やりますけども…アユが本当にいいんだったらね」「主演とってからじゃなくてもいいんだったら全然やりますよ」と承諾。「とりあえず1回歯磨こう」と言い、二人で歯磨きをしだした。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 歯磨き中も、ケイスケは「ティッシュ一枚挟んでとかでいいんじゃない?」と提案するが、アユリは「どんなキスだよ(笑)」と却下。いろいろと言い訳をしつつも、しっかりと歯磨きをするケイスケの姿に、スタジオメンバーは「前歯の裏まで磨いてる」「そんなディープなの?」と爆笑だった。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 そして二人は秘密の課題を実行。最初にアユリからケイスケへおやすみのほっぺキスをすると、ケイスケは大照れ。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 続いて、ケイスケは正座をし、アユリの顔に手を添えるとチュッと音を立てて唇にキスをした。

 顔が離れてから、じっと目を合わせたあとに照れて笑い出す二人。アユリは、「ありがとう。きゅんきゅんしました」と頬を抑えながら大満足の様子だった。

女優が俳優へ“演技じゃないキス”をおねだり 共演者同士のリアルな恋『ドラ恋~KISS or kiss~』act.10

 スタジオメンバーは、前代未聞の大事件に「リアルなのが一番威力すごいね」「ドッキドキした」「あ~最高」と大絶賛。「する流れに持ってったってことはケイスケもアユリに気持ちがあるってことですよね」「(好きじゃない人だったら)断るんちゃうかな~」「断らんかったってことはケイスケも好きでしょ~」と二人が両思いであることを予想した。

 さらに、このあとも同棲ハウスではいろいろなことが起こったのだとか。二人の夜に何が起きたのか?同棲ハウスの様子は、ABEMAプレミアムで配信中。