「SHIROBAKO」や「色づく世界の明日から」などを手がけてきたアニメスタジオ・P.A.WORKSによる完全新作オリジナルTVアニメ「白い砂のアクアトープ」が、7月より放送される。

【放送】「白い砂のアクアトープ」第1話を視聴予約

 第1話の完成タイミングで、ストーリーの中心となる海咲野くくる役の伊藤美来と宮沢風花役の逢田梨香子にインタビューを実施。本作の魅力やそれぞれのキャラクターを演じる上で意識したポイント、第1話を見た感想などを伺った。

 「白い砂のアクアトープ」は、沖縄県南城市にある閉館の危機が迫ったちいさな水族館「がまがま水族館」が舞台のアニメ。水族館を閉館させまいと奮闘するくくると、東京でアイドルの仕事を失い沖縄を訪れた風花が出逢い、ひと夏のストーリーが始まっていく――。

「風花ちゃんに対して近しいシンパシーを感じた部分があった」沖縄を舞台に描かれる2人の少女の魅力とは?

――本作はオリジナルTVアニメということで、お2人が最初に内容を知った時の印象から伺えればと思います。

伊藤:初めにお話を伺った時は、舞台が沖縄ということで、爽やかで気候も良くて穏やかなイメージの情景が目に浮かびました。脚本をいただいて物語に触れてみると、夢に向かってすごくひた向きなくくると、一度挫折をしてしまって今にも消えてしまいそうな風花という2人の女の子が、それぞれ少し重いものを抱えながらも頑張っていて、心にダイレクトにくる描写がある作品だなと感じました。

逢田:サブタイトル(The two girls met in the ruins of damaged dream)にもあるとおり、ガール・ミーツ・ガールのお話で、まったく違うところで育ってきた女の子同士が出会うという展開にすごくワクワクしました。風花はくくるに沖縄で出会わなければきっと違う人生を歩んでいると思うので、大きな出会いですよね。

――くくると風花はストーリー上で核となる存在ですが、演じられるにあたってどのようなところを意識されましたか?

伊藤:最初にくくるについてスタッフさんから、とにかく明るくて大好きな生き物のことに真っ直ぐで、ハイビスカスのような子という説明を受けていたんですが、本当にその通りだと思いました。くくるがそこにいるだけで、自然と周りの人も明るくなれるところが魅力なんです。

 でも、大好きな「がまがま水族館」がなくなってしまうという状況に立たされているので、いろいろな感情が子どもみたいに激しく出てしまうシーンもあり、たくさんの喜怒哀楽の感情を出せるように演じる時は気をつけていました。

――そんなくくるの感情に、演じているときはシンクロしましたか?

伊藤:頑張ってシンクロさせて演じていくんですけれど、それでもくくるの感情に追いついていないと言われてしまう時もあって、「頑張るぞ!」って自分を奮い立たせながら、いろんな感情を出していきました。なので、けっこう体力勝負なところもありましたね(笑)。

――風花を演じる上でも、シンクロする部分はあったりしたのでしょうか?

逢田:私は風花ちゃんに対して近しいシンパシーを感じた部分があったので、早めにすっと馴染めた気がします。オーディションの時から風花ちゃんを演じたいと思っていて、そのときからしっくりきていたというか。

 風花ちゃんは自分よりも誰かのためにという気持ちが強く出る本当に心優しい子で、くくるを思いやる気持ちがあふれ出ているんです。そういった部分が伝わったらいいなと思いながら演じていますね。

――逆に、伊藤さんから見た風花と逢田さんから見たくくるの印象も伺えればと。

伊藤:風花はまだ若いのに、人生経験豊富な落ち着き方と包容力があるところが魅力的ですね。見た目もすごく可愛らしいし、 喋り方もおっとりしていて女の子らしいイメージが先行しがちなんですが、実際にはすごく男前なところや頼りになるところもあって。東京でアイドルとしての経験をしてきたからこそ、くくるにいろいろなことを教えてくれたりするので、お姉ちゃんみたいだなって思っています(笑)。

逢田:くくるは周りを引っ張っていく力がすごくあってひた向きで一生懸命だけど、助けてあげたい! 守ってあげたい! と思える一面もあって、すごくいろいろな魅力を持った女の子だと感じました。風花を演じているときは風花に感情移入しているので、とにかく一緒にくくるを助けてあげたい、くくるが愛おしいという気持ちになりますね。

――アフレコもご一緒に収録されていたとのことですが、お互いの演技を見られていかがでしたか?

伊藤:梨香子さんの演じた風花は、セリフが心に自然にダイレクトに入ってくると言いますか、聞きやすいし感情も伝わってきて「風花にぴったりだ!」と思いました。風花が年相応に見えるシーンも可愛くて、ずっと見ていられるって思っていましたね(笑)。

逢田:くくるの魅力を最大限に活かしていらっしゃるなって、毎回思っています。表面的ではなく内面からにじみ出てくる可愛さを表現されていて、文句を言っているところや周りが見えなくなってしまっているシーンも愛おしく感じられたので、くくるの内面的な魅力をしっかり表現されているというイメージですね。

▲海咲野くくる

「くくるや沖縄の人がずっと信じている言葉」第1話のポイントは?

――第1話の完成映像をご覧になっての感想を伺えますでしょうか。

伊藤:始まった瞬間に「沖縄だー!」って思いました! 音楽も含めて、まるで沖縄にいるかのような気持ちになれて、風花が沖縄にやって来て次は何をするんだろうと引き込まれる内容でした。あと水族館の魚たちの映像がものすごく綺麗で、そこがこの作品の魅力の1つだと思いますので、本当に隅々まで注目していただきたいです。

逢田:魚たちが「本当に生きている!」って思いました。アニメを作られている方々の生き物たちへの愛が伝わってきますし、模様や目の動きまで本物のようなリアルさがありつつ可愛さもあって。物語としても、何が始まるんだろうというワクワク感があって、この作品とともに今年の夏が始まっていくんだなという気持ちになりました。みなさんもぜひ作品に入り込んでほしいです。

――その1話に出てくる言葉で印象的だったのが、くくるが言っていた「まくとぅそーけ、なんくるないさ」という言葉でした。

伊藤:そのくくるの言葉からストーリーが始まっていくんですけれど、私も「なんくるないさ」は知っていても「まくとぅそーけ」という言葉は知らなかったんです。

――正しいこと・真のことをすれば、なんとかなるさという意味ですが、作品の核になる言葉なのかなと。

伊藤:くくるや沖縄の人がずっと信じている言葉というか、何かあったときのお守りのような言葉だと思っています。第1話の収録のときもその言葉を大事にしようとして、撮り直したりしつついろいろなパターンで収録していました。

――発音のニュアンスや言い方は指導があったんですか?

伊藤:そうですね。言い方によって変わってくる部分もあるので、祈るように言ってみようとか、逆に声を出して元気に言ってみようとか、いくつかのパターンを収録しました。第1話では、すっ……とした言い方のセリフが使われていましたが、がまがま水族館への気持ちの真剣さがそのひと言で伝わるフレーズになっていて、私も演じてしっくりきていたものでした。

――沖縄にやってきた風花としては、初めて聞く言葉になりますよね。

逢田:私自身も「なんくるないさ」という言葉は知っていましたが、「まくとぅそーけ」は馴染みがない言葉だったので、収録現場でニュアンスや発音についてご説明いただきました。沖縄のことを体現しているような、沖縄の良さが詰まった言葉だと思いましたね。

――それでは最後に、これから作品を見る方に向けてメッセージをお願いします。

伊藤:夢を追いかけることは、ただキラキラしたことだけではなくて大変なこともあるけれど、夢に向かって努力していくことは素晴らしいことで、そのための勇気をもらえるような作品になっていると思います。見た方の一歩を踏み出すパワーになればいいなと思いますし、沖縄と水族館の海の生き物の素晴らしさが前面に出ていますので、生き物たちを好きになったり、会いにいきたいなって思ってもらいたいですね。

逢田:くくるや風花と同年代の方だけでなく、幅広い年代の方にも見てほしいと思っています。人生は失敗しても夢を失っても、何度だってやり直せるっていうメッセージ性もすごく表現されていて、何かに迷っている方の背中を押せる作品になっていると思いますので、年代問わず見ていただきたいです。

▲宮沢風花

TVアニメ「白い砂のアクアトープ」概要

【CAST】

海咲野くくる:伊藤美来

宮沢風花:逢田梨香子

照屋月美:和氣あず未

久高夏凛:Lynn

仲村 櫂:土屋神葉

屋嘉間志空也:阿座上洋平

おじい:家中 宏

【STAFF】

原作:projectティンガーラ

監督:篠原俊哉

キャラクター原案:U35

シリーズ構成:柿原優子

キャラクターデザイン / 総作画監督:秋山有希

美術監督:鈴木くるみ

美術監修:東 潤一

美術設定:塩澤良憲

撮影監督:並木 智

色彩設計:中野尚美

3D監督:鈴木晴輝

編集:高橋 歩

特殊効果:村上正博

音楽:出羽良彰

音楽制作:ランティス

音響監督:山田 陽

プロデュース:infinite

アニメーション制作:P.A.WORKS

オープニングテーマ:ARCANA PROJECT

エンディングテーマ:Mia REGINA

※高橋 歩の「高」は、正式にははしごだかの字

【公式HP】https://aquatope-anime.com/

【Twitter】https://twitter.com/aquatope_anime

(C)projectティンガーラ

取材・写真・テキスト/miraitone.inc

白い砂のアクアトープ #1【地上波同時・単独先行】
ABEMA
白い砂のアクアトープ PV【7/8(木)夜24時より地上波同時・単独先行放送開始】
ABEMA
SHIROBAKO
ABEMA