「60歳までやります」ベテランストリッパーが魅せる日本唯一の“花電車芸”の全貌
番組をみる »

 7月5日に放送されたABEMA「ウラ給与明細」では、伝説のストリッパーとして知られるゆきみ愛さんが登場。日本で唯一の芸と言われる“花電車芸”の全貌を公開した。

【動画】ベテランストリッパー、伝説の裏芸

 花電車芸とは下腹部を使用してラッパを鳴らしたり吹き矢を吹いたりする芸のこと。路面電車を祝典などのために装飾した“花電車”が語源になっており、本来の目的では使われない電車という意味から転じて花電車芸と呼ばれるようになったという。かつては花電車芸を披露するストリッパーが多数いたものの、現在ではストリップの世界でゆきみ愛さんしか行うことの出来ない伝統の芸となっているそうだ。

「60歳までやります」ベテランストリッパーが魅せる日本唯一の“花電車芸”の全貌

 「ウラ給与明細」では、そんなゆきみ愛さんによる花電車芸の全貌を公開。ステージに立って観客とコミュニケーションを取りつつ、下腹部を使用して小瓶の蓋を開封したりリンゴをカットしたりする様子が放送された。ラッパを鳴らす場面では会場からリズミカルな拍手も沸き起こり、観客との一体感が生まれていった。最後は大技の吹き矢に挑戦し、遠くに設置された風船を見事に割る芸を披露。会場は大きな盛り上がりを見せていた。

 公演終了後、楽屋に戻ったゆきみ愛さんは「(使う筋肉は)ラッパと吹き矢が一緒です。(空気を)吸って出しているから、口と一緒で息を吸って吐いている状態」と説明。コツについて質問されると「空気が入りやすい、生まれつきの構造も半分ぐらいあるんだと思います」と語った。また、「何歳まで続けますか?」と尋ねたところ、「普通に60歳まで花電車芸します。60歳まで風船を割ります(笑)」と笑顔を浮かべながら今後の目標を語っていた。

(ABEMA/給与明細より)

令和に生まれたストリッパー
令和に生まれたストリッパー
伝説ストリッパーが裸になって得たもの
伝説ストリッパーが裸になって得たもの
ストリップ伝説技“花電車芸”完全版
ストリップ伝説技“花電車芸”完全版