和氣あず未とLynnが語る、「沖縄」と「水族館」の魅力とは?【白い砂のアクアトープ】
番組をみる »

 7月より放送される完全新作オリジナルTVアニメ「白い砂のアクアトープ」は、閉館が迫る沖縄県南城市のちいさな水族館「がまがま水族館」を舞台に、そこで働き閉館させまいと奮闘する海咲野くくると、東京でアイドルの仕事を失い沖縄を訪れた宮沢風花が出逢うガール・ミーツ・ガールのストーリー。

【放送】「白い砂のアクアトープ」第1話を視聴予約

 「SHIROBAKO」や「色づく世界の明日から」などを手がけてきたアニメスタジオ・P.A.WORKSによって描かれる、沖縄の風景や水族館の魚たちの繊細な描写にも注目が集まっている。

 くくるの友人で定食屋の娘である照屋月美役の和氣あず未と、沖縄県南城市の観光協会で働く久高夏凛役のLynnに、「沖縄」と「水族館」という切り口で話を伺い、本作の魅力に迫っていく。

「いつか沖縄に行ったときに天ぷらを絶対に食べようと思います」意外な沖縄グルメとは?

――本作は沖縄県の水族館が舞台になりますが、お2人は沖縄や水族館には行ったことはありますか?

和氣:沖縄にも水族館にも何回か行ったことがあったので、自分の中で沖縄の人を演じる何となくのイメージはありました。私はずっと東京に住んでいたのですが、東京の人はみんな早歩きで、沖縄の人はみんなのんびりのどかに過ごしているというイメージですね。

 お芝居をするときも、くくるは「がまがま水族館」がなくなってしまうと焦っていて、時間がもったいないと思っているキャラクターですけれど、月美は心に余裕があるようなお芝居を心がけていました。

Lynn:もともと水族館は好きでよく行っていたので、館内の雰囲気や空気感は想像できる部分があったのですが、沖縄には行ったことがなかったんです。沖縄の描かれているドラマを見たり、沖縄出身の知り合いから雰囲気を感じ取ったりなど、集めた情報から想像を重ねて役に反映していきました。

 あとは(沖縄県)南城市の観光協会のホームページを見にいって、かわいいご当地キャラがいるんだなって知ったり(笑)。南城市だけでもいろいろな観光名所があって、市内だけでも楽しめるんだと思ってワクワクしました。

――沖縄が舞台ということで、独特の方言も出てくると思うのですが。

和氣:お爺ちゃんやお婆ちゃんみたいな年代の登場人物には、月美のお母さん役も演じている儀武ゆう子さんが方言指導をしてくださっていました。若いくくるや月美は沖縄弁をあんまり使っていなくて、「なんくるないさ」など聞き馴染みのありそうな言葉をちょっとだけ使ったくらいですね。

Lynn:夏凛も、沖縄の方言はいまのところしゃべっていないですね。

――沖縄の食べ物や夏の食べ物も魅力的に描かれていますが、お2人が好きな沖縄料理といえば何でしょうか?

和氣:私が沖縄に行ったときは、絶対にパイナップル味のハイチュウを買います! 沖縄のフルーツが好きで、割り箸に刺して売っているパイナップルも買って食べますね。あとサーターアンダーギーもすごく好きで、家で作ったこともあります!

――本当にお好きなんですね。

和氣:最初はポン・デ・リングみたいなドーナツを作ろうとしたんですが、油に入れたら分裂してしまって最終的にサーターアンダーギーになってしまったんです(笑)。お土産として食べても美味しいですが、出来立てを食べるのが好きですね。あと紅いもタルトも好きです。旅行で訪れてどれを買おうか迷っちゃうのも、楽しみの1つだと思います。

――Lynnさんはいかがでしょうか?

Lynn:私は本編にも出てきているラフテー(泡盛を入れて煮込んだ豚の角煮)がすごく好きで、置いてあるお店に行くと必ず頼んじゃいますね。あと「白い砂のアクアトープ」に参加してから初めて知ったんですが、南城市には奥武島(おうじま)という天ぷらで有名な島があるんです。食べ歩きもできるタイプの天ぷらが売られていて、いつか沖縄に行ったときに絶対に食べようと思います。あとはソーキそばも好きですし、美味しいものがたくさんあるイメージがありますね。

和氣あず未とLynnが語る、「沖縄」と「水族館」の魅力とは?【白い砂のアクアトープ】
▲照屋月美

「姉妹のような2人の友情が芽生えていく」水族館を舞台にした物語の印象は?

――本作はお仕事ものとしての側面もあり、水族館で働く人々の裏側も描かれていますが、お2人はどう感じられましたか?

和氣:動物園の動物であれば、ケガや病気が見た目にもわかりやすいのかなと思うんですが、水族館にいるお魚たちはそういう状態の異変がわかりにくくて、すごく大変そうなイメージがありますね。ペンギンなどには1匹ずつ餌をあげられますが、お魚の場合だと生存本能が強い個体がどんどん食べていっちゃいそうで、平等に元気よく育てるっていうことがすごく難しいんじゃないかと思います。

 調子の悪さを見てすぐに判断するためには、くくるやおじいみたいに長年お魚の近くに寄り添っている人じゃないとわからないので、生き物相手というのはどのお仕事も大変だとは思うんですけれど、特に水族館は難しいお仕事だと感じます。

Lynn:陸の生き物よりも遠い存在というか、どこか神秘的な生き物というイメージがあります。水温や個体差を考えて細かく管理して、一瞬たりとも気を抜けない繊細な作業が多いんじゃないかなと思います。普段お客さんとして水族館に行っても、表側の綺麗な部分しか見られないですが、裏でお世話している方がたくさんいて大変なことが多いんだなって感じますね。

――そんな水族館で働いているキャラクターで、お2人が好きなキャラクターはいますか?

和氣:みんな本当にいい人なんですが、やっぱりくくるかなと。くくるは絶対に自分の夢を諦めたくないという強い意志を持った優しい子なんです。私にはそういう強い意志がないので、くくるみたいな考えを持っている子は羨ましいですし、自分も諦めない心を持ってしっかりしなきゃって思えましたね。

 あと、私はお魚には詳しくないんですけれど生き物はすごく好きなので、魚オタクなくくるにずっとお話してもらえると面白いかなって。一番近くにいてほしい子だなと思います。

Lynn:私は(屋嘉間志)空也さんがお気に入りなんです(笑)。女性キャラクターが多い中、すごくクセの強い男性で彼にはいったい何があったんだろうと気になる存在ですよね。でも、仕事にはダルそうな空気を出しているけれど根は真面目なんだろうな、きっと水族館のこととか生き物たちのことがすごく好きなんだろうなっていろいろな想像ができるキャラクターなんです。

 夏凛との掛け合いのシーンもちょこちょことありますし、そのやり取りやリアクションがコミカルに描かれていて面白いので、物語の良いアクセントになっていると思います。

――沖縄の水族館を舞台にして、くくると風花という2人の物語が紡がれていきますが、どんな印象を持たれましたか?

和氣:ずっとお魚と水族館のことばかり考えて、閉館させないためにどうしようと思っているくくるのもとにある日、風花がやって来て、はじめはお客さんとして仲良くしていたけれど一緒に働くことになって。くくるにとっては、「働けるところがあるならどこでもよかったんだな」と風花に対して思うところからのスタートでしたが、風花のお魚や水族館に対する気持ちが変わっていって、姉妹のような2人の友情が芽生えていくという印象です。

 お魚の尊さや綺麗さと同じくらい丁寧に描かれているので、安心して見ていられるなと感じますね。

Lynn:最初はわかり合えない2人なのかなとも思うんですが、お互いに歩み寄ってみたらフィーリングが合う部分があったというか。心の距離がぐっと近くなってからは、昔から知っていたんじゃないかというような微笑ましい2人だと思って見ています。

和氣あず未とLynnが語る、「沖縄」と「水族館」の魅力とは?【白い砂のアクアトープ】
▲久高夏凛

TVアニメ「白い砂のアクアトープ」概要

和氣あず未とLynnが語る、「沖縄」と「水族館」の魅力とは?【白い砂のアクアトープ】

【CAST】

海咲野くくる:伊藤美来

宮沢風花:逢田梨香子

照屋月美:和氣あず未

久高夏凛:Lynn

仲村 櫂:土屋神葉

屋嘉間志空也:阿座上洋平

おじい:家中 宏

【STAFF】

原作:projectティンガーラ

監督:篠原俊哉

キャラクター原案:U35

シリーズ構成:柿原優子

キャラクターデザイン / 総作画監督:秋山有希

美術監督:鈴木くるみ

美術監修:東 潤一

美術設定:塩澤良憲

撮影監督:並木 智

色彩設計:中野尚美

3D監督:鈴木晴輝

編集:高橋 歩

特殊効果:村上正博

音楽:出羽良彰

音楽制作:ランティス

音響監督:山田 陽

プロデュース:infinite

アニメーション制作:P.A.WORKS

オープニングテーマ:ARCANA PROJECT

エンディングテーマ:Mia REGINA

※高橋 歩の「高」は、正式にははしごだかの字

【公式HP】https://aquatope-anime.com/

【Twitter】https://twitter.com/aquatope_anime

(C)projectティンガーラ

取材・写真・テキスト/miraitone.inc

白い砂のアクアトープ #1【地上波同時・単独先行】
白い砂のアクアトープ #1【地上波同時・単独先行】
白い砂のアクアトープ PV【7/8(木)夜24時より地上波同時・単独先行放送開始】
白い砂のアクアトープ PV【7/8(木)夜24時より地上波同時・単独先行放送開始】
SHIROBAKO
SHIROBAKO