想いをよせる女優がライバルとキスシーン…オーディションに敗れた俳優が悔し泣き『ドラ恋~KISS or kiss~』act.11
番組をみる »

 7月10日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.11が放送され、好きな相手がライバルとキスシーンを演じることに嫉妬心を燃やす俳優に注目が集まった。

【動画】想いをよせる女優がライバルとキスシーン…オーディションに敗れた俳優が悔し泣き『ドラ恋~KISS or kiss~』act.11

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』とは?

 同番組は、毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーはあ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、act.7から最終回までは近藤春菜(ハリセンボン)、谷まりあが出演する。

想いをよせる女優がライバルとキスシーン…オーディションに敗れた俳優が悔し泣き『ドラ恋~KISS or kiss~』act.11

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、飯野雅(以下:みやび/23歳)、樫尾篤紀(以下:あつき/24歳)、木田佳介(以下:ケイスケ/28歳)、京典和玖(以下:わく/20歳)、久保乃々花(以下:ののか/22歳)、谷本琳音(以下:りおん/23歳)、藤林泰也(以下:やす/22歳)、吉永アユリ(アユリ/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに前シーズンから引き続き、メンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組のペアだけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。また今シーズンでは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集した。

やす&ののかが主演に わく、涙し「自分の好きな子を指名されたらきつい」

 ドラマ第6話は、女優になる夢を叶えるために上京する女性と、彼女を見送る幼馴染の男性との恋物語。オーディションは個人戦で行われ、前日に同棲ハウスに入居したアユリ&ケイスケ以外は、アトランダムで選ばれたペアで挑む。主演に選ばれたメンバーは一緒にキスシーンを演じる相手をえらぶことができる。

 オーディションでは、ののかがあつきと、みやびがやすと、りおんがわくとペアとなり、それぞれの演技を見せる。その結果、演技指導の澤田育子先生は、「私が良かったなと思う3名は、りおんさん、わくさん、やすさん、3名です」と3人の名前を挙げた上で、「今回の主演は、ドラマでキスシーンを経験していないやすさんに挑んでいただきたいなと思いました」と発表した。

想いをよせる女優がライバルとキスシーン…オーディションに敗れた俳優が悔し泣き『ドラ恋~KISS or kiss~』act.11

 主演に選ばれたやすは、前日から宣言していた通り、意中のののかを相手役に指名。やすと同じくののかを想うわくは、悔しそうな表情を浮かべていた。

 わくは、その後のインタビューで「だっせーなぁ」と頭抱えると、カメラに背を向けて悔し泣き。「あ~だっさ」と自身の不甲斐なさに落ち込み、「自分の好きな子を指名されたらちょっときついっすね」と苦しい心境を明かした。

想いをよせる女優がライバルとキスシーン…オーディションに敗れた俳優が悔し泣き『ドラ恋~KISS or kiss~』act.11

 ののかはやすとキスシーンを演じ、気持ちが動いてしまうのか?『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』act.11は、ABEMAビデオで配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 - 11話
恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~ - 本編 - 11話