7月11日(日)、ABEMAにて極楽とんぼ加藤浩次山本圭壱が出演する「極楽とんぼのタイムリミット」#28が放送。「世間から嫌われている」と悩む元AKB48西野未姫に、加藤やオリエンタルラジオ藤森慎吾が「好感度が低ければゴミを拾うだけで上がる」と前向きなアドバイスを送った。

「好感度の低さを利用しろ」加藤浩次、“売れないタレント”西野未姫にアドバイス
番組をみる »

【動画】「好感度の低さを利用しろ」加藤浩次、“売れないタレント”西野未姫にアドバイス

 これまで番組に数々の爪痕を残し、準レギュラー級の奮闘を見せてきた西野だが、テレビに出演する機会が年々減っており、「売れない」「売れたい」という悩みを抱えているそう。そこで今回、西野が売れるためにどうしたらいいのか、悩みを聞きながら今後の方針を考えることに。

 西野はテレビで“ブスいじり”などの“プロレス”がしたいそう。「でも時代に合ってないことはわかっている」とぼやき、加藤は「時代ってのはあるかも」と納得顔を見せた。

 西野は以前、生放送で大暴走してしまったことを後悔しており、「『この人をテレビに出したら何をされるかわからない』と思われて、スタッフさんに嫌われている」と悩みを告白。即座にボロボロと涙を流し、“泣き”に入る瞬発力のすごさに藤森は大笑いしていた。

「好感度の低さを利用しろ」加藤浩次、“売れないタレント”西野未姫にアドバイス

 すると加藤は「ヒドい奴って思われていたら、街でゴミ拾うだけでめちゃめちゃ好感度が上がる」と、むしろ得だと伝え、好感度の低さを「利用したらいい」とアドバイス。藤森も「チャラ男なんて、紳士的にエスコートしたらすぐ株が上がる」「勝手に好感度が上がる」と、ギャップで得をしたことがあると証言した。

 加藤は「世間から嫌われたって、身内に好かれていればいいでしょ」と西野を励まし。西野は泣き止み、前向きにとらえようと努めていた。

極楽とんぼのタイムリミット - 本編 - #28
極楽とんぼのタイムリミット - 本編 - #28