ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」格闘家・たかやに大胆提案『今日好き』霞草編第5話
番組をみる »

 毎週月曜日よる10時から放送中のABEMA今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。12日は霞草編第5話が放送。最終日、告白前の最後のアピールタイムでみるきはたかやを2ショットに誘うと、「おんぶしていい?」と、まさかの提案をもちかけた。

▶動画:ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」

 『今日好き』とは、運命の恋を見つける、恋と青春の修学旅行をテーマとした恋愛番組。ルールは2泊3日の旅を繰り返し、最終日に告白。そこでカップルになったら終了、なれなかったら次の旅を続けるかどうか選べる、というもの。恋愛見届け人はNiki、伶、井上裕介NON STYLE)、そしてYouTuberの中町綾だ。

今回参加するのはこのメンバー!

ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」格闘家・たかやに大胆提案『今日好き』霞草編第5話

 メンバーは、女子がキサラ(松村キサラ、高3/静岡県出身)、りな(薄倉里奈、高2/千葉県出身)、あやね(杉本彩寧、高2/埼玉県出身)、ゆう(千葉祐夕、高3/愛知県出身)、さらに「鈴蘭編」からの継続メンバー・みるき(雨宮未苺、高1/山梨県出身)、こはる(増田小春、高3/神奈川県出身)の6人。

 男子は、あつき(千葉亜月、高3/千葉県出身)、てるひさ(田倉暉久、高3/千葉県出身)、たかや(鈴木崇矢、高2/神奈川県出身)、こうせい(大久保晃成、高3/千葉県出身)の4人で、男子4人、女子6人の計10人の旅となっている。

みるき、たかやをおんぶし「バックハグみたい」

 最終日、告白前最後の2ショットでみるきはたかやを呼び出した。たかやに一目惚れしたみるきは、初日からずっと追いかけてきたが、たかやはあやねとりなからもアプローチを受けるモテっぷり…。

 たかやが待ち合わせ場所にやって来ると、みるきはまず「最後だから素直に言っちゃうけど、好き」と自分の想いをストレートに伝え、さらに「みると付き合ったら絶対幸せにする。すごい楽しいと思う。楽しいしずっと笑ってられると思うし、落ち着いたとこと行っても笑っちゃうかもね、面白すぎて」とアピール。

 さらに、前日の2ショットで、たかやがりなをおんぶしていたことに言及し、「それすごい嫉妬した」と拗ねてみせつつ、「みるね、すっごい体重重いし恥ずかしいから、おんぶしてもらいたいって気持ちはあるんだけど恥ずかしいから…おんぶしていい?」と、自分がたかやをおんぶしたいと提案。

ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」格闘家・たかやに大胆提案『今日好き』霞草編第5話

 予想外のみるきの言葉に、たかやは「え、俺がされんの!?」と仰天。「待って待って待って、 俺がおんぶするよ」と言うが、みるきは「絶対やだ、みるがしたい」と譲らない。たかやが「重くないよ、絶対」と何度言っても、「絶対重いよ」「みるがするよ」と押し問答で、結局みるきの提案通り、みるきがたかやをおんぶすることに。

 たかやは「女の子におんぶされるの、初めてなんだけど」と戸惑いながらも、そっとみるきの背中に乗ると、みるきは一瞬よろけたものの、しっかりとたかやを背負い、その場をぐるぐる…。そのままみるきは「バックハグみたいだね、これ」とニヤけ、照れ過ぎたたかやが「え、ちょ」と思わずみるきの頭をぽんと叩くと、みるきはさらにデレデレ。

ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」格闘家・たかやに大胆提案『今日好き』霞草編第5話
ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」格闘家・たかやに大胆提案『今日好き』霞草編第5話

 その後、改めて並んで座ると、たかやは「正直なところ、自分のなかでいちばん大事にしたいのは格闘技」だと切り出すと、「毎日練習してて。(だから)会えるとしても週1会えるかどうかだから、それでもいいっていう人がいいかなと思って」と説明。

 みるきは「全然いいよ。年1でもたかやくんに会えるなら、それだけでも全然いい」「たかやくんの会える時に会いたい」と即答で、たかやは「ほんとに?それ聞けたら安心した」とにっこり。「考える」と約束した。

ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」格闘家・たかやに大胆提案『今日好き』霞草編第5話

 この後、りなもたかやに猛アタック。そして次週、ついに最終回! あやねは何をアピール? そしてたかやが下した決断は…? 井上が「ここ最近でいちばんびっくりした」という意外な結末が明らかになる。『今日、好きになりました。』霞草編第6話は、7月19日(月)よる10時スタート。

ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」
ゆずはの妹・みるき、最後のアピールに「おんぶしていい?」